NEW

【東京新聞杯(G3)展望】良血レイエンダVS強豪タワーオブロンドン! マイル決戦に豪華メンバー集う

【この記事のキーワード】, ,
【東京新聞杯(G3)展望】良血レイエンダVS強豪タワーオブロンドン! マイル決戦に豪華メンバー集うの画像1

 2月3日、春のマイルG1戦を目指す馬たちによる東京新聞杯(G3、芝1600メートル)が行われる。G1獲りに名乗りを上げるのはどの馬か。レースを展望する。

 美浦の名門藤沢和雄厩舎が有力馬3頭を送り出す。昨年のNHKマイルC(G1、芝1600メートル)で1番人気だったのがタワーオブロンドン(牡4歳、美浦・藤沢和雄厩舎)。NHKマイルCは惨敗したが、たっぷり休養を取って11月のキャピタルS(オープン、芝1600メートル)から復帰。2着ではあったが大外を差してきた末脚は目立った。

【東京新聞杯(G3)展望】良血レイエンダVS強豪タワーオブロンドン! マイル決戦に豪華メンバー集うの画像2タワーオブロンドン(JBISサーチ公式サイト

 すでに重賞タイトルは2つ、2歳時には朝日杯FS(G1、芝1600メートル)3着という実績もある。高い能力は証明済み。ビッグネームが並ぶ明け4歳世代の1頭。同世代ステルヴィオはすでにマイルCS(G1、芝1600メートル)でマイルG1を制している。ここを勝ってステルヴィオに続くマイルG1制覇に王手をかけたい。

 昨年、ゴドルフィンはファインニードルで春秋スプリントG1を制覇。今年はこの馬による春秋マイルG1制覇を狙ってくる。

 日本ダービー馬であり昨年度の最優秀4歳以上牡馬レイデオロの全弟がレイエンダ(牡4歳、美浦・藤沢和雄厩舎)。骨折もあり3歳春のクラシックは間に合わなかった。3連勝で臨んだセントライト記念(G2、芝2200メートル)では断然の1番人気ながら2着に敗退。暮れのチャレンジC(G3、芝2000メートル)で巻き返しを図ったが末脚不発で6着に惨敗。完成途上のひ弱さを露呈してしまった。

 兄と異なり体型的に短めの距離向きという指摘もされていた。いよいよマイル戦に挑むことになる。「初めてのマイルですが、スピードがあって能力も高いので、これまでとは違う面も生かせるのではないか」と陣営の期待度は高い。馬体に成長が見られ、なおかつ距離適性がマッチすれば突き抜けまである。ただし、本格化するにはもう少し時間がかかる可能性もある。

【東京新聞杯(G3)展望】良血レイエンダVS強豪タワーオブロンドン! マイル決戦に豪華メンバー集うのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  4. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  5. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  6. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール
  7. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  8. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!
  9. JRAアイドルと現役最強馬を産んだ「偉大なる母」が5年ぶりの受胎! 交配相手は故・岡田繁幸氏が絶賛した血筋を引く新種牡馬
  10. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由