NEW

嵐の活動休止がSMAP解散ほど騒がれない理由。「代表曲なし」「異常ファン」世間すぐ忘れる?

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
嵐の活動休止がSMAP解散ほど騒がれない理由。嵐の「代表曲」をいえる人どんだけ?の画像1

 アイドルグループ「」が2020年12月31日をもって「活動休止」となることがわかり、世間は騒然としている。

 ファンの間では「信じたくない」「冗談でしょ」という声もある一方「悪い予感はあった」「こうなる日がくるのではと」と、もしかしたらと思っていたファンの意見で二分されている。クリスマスイブに日刊ゲンダイが、11月に櫻井翔が銀座のクラブラウンジで「嵐の解散」を口にしたという話もある。

 解散のウワサが蔓延する中での今回の「活動休止」報道。ファンクラブでの発表で大野は「自由な生活を」というようなことも語っており、国民的アイドルのポジションでの疲れもあったということだろうか。

 2017年の段階で今回の活動休止を決めていたという嵐。やはり「あのグループ」の存在は大きかったのか……。

「2016年末に解散したSMAPですね。その後は常に『嵐が後釜』という扱いを受けてきましたからね。相応の疲れやプレッシャーがあったということではないでしょうか。

自由のない生活、メンバーの多くがプライベートで結婚間近ともいわれています。さまざまな出来事が積み重なっての結論だったのではないでしょうか」(記者)

 また別の記者は、今回の出来事は衝撃的ではあるものの、世間全般としては「そこまでででもない」という見解を示している。

嵐の活動休止がSMAP解散ほど騒がれない理由。「代表曲なし」「異常ファン」世間すぐ忘れる?のページです。GJは、エンタメ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!