NEW

JRA東京新聞杯(G1)「試金石」タワーオブロンドンは本物か? ルメール騎手に手綱戻るが……

【この記事のキーワード】, ,

 2月3日に行われる東京新聞杯(G3、芝1600メートル)にタワーオブロンドン(牡4歳、美浦・藤沢和雄厩舎)が参戦する。今年、マイルG1制覇に期待がかかる1頭。人気に応えて優勝できるのか、検討してみよう。

 2歳の暮れ、2017年の朝日杯FS(G1、芝1600メートル)に出走。1番人気はダノンプレミアム(2.3倍)、タワーオブロンドンが2番人気(3.9倍)、ステルヴィオが3番人気(5.3倍)だった。結果は1着がダノンプレミアム、3番人気と2番人気が逆転し、2着がステルヴィオ、3着がタワーオブロンドン。この時点で後にマイルCS(G1、芝1600メートル)を制するステルヴィオに差をつけられてしまう格好になった。

 3歳春の初戦には、約1カ月後のNHKマイルC(G1、芝1600メートル)の前哨戦として阪神のアーリントンC(G3、芝1600メートル)を選択。出遅れて後方からのレースとなり、直線では前が空かないシーンもあったが、外に持ち出されると鋭く伸びて優勝。NHKマイルCの最有力候補に躍り出た。C.ルメール騎手は、朝日杯FS後、距離不安を口にしていたが、アーリントンC後には距離に太鼓判を押した。

 馬主はゴドルフィン。昨年の3月、馬主名義がモハメド殿下(シェイク・モハメド)からゴドルフィンに変更され、勝負服も世界共通のゴドルフィンブルーに変わった。その約1週間後、ゴドルフィンのファインニードルが高松宮記念(G1、芝1200メートル)を優勝。勢いに乗っていたゴドルフィンがタワーオブロンドンのNHKマイルC優勝を信じたかったのは当然だろう。

 すでにロイヤルアスコット開催のセントジェームズパレスS(G1)とコモンウェルスC(G1)に登録があり、NHKマイルCの結果次第では英国遠征というニュースが話題になった。ところが、そのNHKマイルCでは単勝2.6倍の1番人気に支持されながら12着に大敗。英国遠征は白紙となった。

 ルメール騎手が「スタートで躓いてポジションを取ることが出来ず、後ろからになりました。道中、内でレースを進めて、直線ではやっと空いたと思った時に前を遮られてしまいました。ほとんど追うことが出来ず、残念でした」と振り返ったように、まったくレースにならなかった。この惨敗は度外視していい。

JRA東京新聞杯(G1)「試金石」タワーオブロンドンは本物か? ルメール騎手に手綱戻るが……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「それが全て」異例の発走遅れでウォーターナビレラ轟沈……幸四郎の“神判断”も台無しに。あまりに大きい桜花賞「ハナ差」の代償
  2. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA川田将雅「一人負け」に高配当ゲットの秘訣!? 相乗効果で浮上する日本ダービー(G1)想定「10番人気」の激穴馬
  4. JRA全面協力アニメ『群青のファンファーレ』が大コケ!? 『ウマ娘』の対抗馬として4月からスタートも、「話題」を殆ど耳にしないワケ
  5. JRA福永祐一が語ったM.デムーロ「致命的トラウマ」。オークス(G1)1番人気サークルオブライフ12着大敗に「これがあるから軸にできない」
  6. JRA【日本ダービー(G1)展望】イクイノックスVSダノンベルーガVSドウデュースVSジオグリフ! 3歳牡馬「四天王」が競馬の祭典で激突!
  7. JRA川田将雅「オウンゴール」が呼んだ皮肉な結末、母馬への想いも明暗…復活のC.ルメール「来週イクイノックスで頑張ります」
  8. JRA【オークス(G1)予想】川田将雅×アートハウスは断然の消し! ◎は本命視されているアノ馬ではなく、買うだけの理由がある穴馬!
  9. JRA【目黒記念(G2)展望】「落馬カラ馬」シルヴァーソニック×川田将雅VS「調教放馬」アリストテレス×武豊! アクシデント乗り越えた2頭が初顔合わせ!
  10. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇