NEW

アーモンドアイ「凱旋門賞」出走に暗雲!? 「超新星」出現でシルク代表明言せず「ルメール争奪戦」に敗れれば……

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アーモンドアイ「凱旋門賞」出走に暗雲!? 「超新星」出現でシルク代表明言せず「ルメール争奪戦」に敗れれば......の画像1

 28日、2018年度のJRA賞・授賞式が東京『ザ・プリンス パークタワー東京』で開催され、関係者約600人が出席。JRA賞を受賞した各関係者が一堂に会する豪華な式典となったが、「主役」はやはり年度代表馬に選出されたアーモンドアイ(牝4歳、美浦・国枝栄厩舎)だった。

 昨年、圧倒的な強さで牝馬三冠を達成しただけでなく、ジャパンC(G1)では古馬を相手に世界レコードで圧勝したアーモンドアイ。2000年のテイエムオペラオー以来、18年ぶりに満票で年度代表馬に選出されるなど、誰もが認める現役最強馬に上り詰めた。

 注目の2019年始動戦はドバイ遠征こそ決まっていたものの、ターフかシーマクラシックの2択に絞られていた。だがこの日、シルクレーシングの米本昌史代表が「まずは始動戦となるドバイターフ」と発言したことで、前者に挑むことが決定的となった。

 しかし、早くから「2019年最大の目標」と期待されている凱旋門賞(G1)挑戦に関しては、まだ確定というわけではなさそうだ。

「輸送や環境の変化も含めて大きなチャレンジですからね。最初の海外遠征(ドバイターフ)で結果を残せれば、より高いところへ……と思っています」とドバイターフ以降の展望を語った米本代表。

 ただ「それがアメリカなのか、フランスなのか……」と、現時点で凱旋門賞一本に絞っているわけではない意向も示している。確かに、凱旋門賞を中心視するのであれば、1800mのドバイターフよりも2400mのドバイシーマクラシックの方が適鞍と言えそうだが……。

アーモンドアイ「凱旋門賞」出走に暗雲!? 「超新星」出現でシルク代表明言せず「ルメール争奪戦」に敗れれば……のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!