NEW

JRAホープフルS(G1)「レベル」に疑問の声!? アドマイヤジャスタ敗退で「クラシック本命」サートゥルナーリアの信頼度……

JRAアドマイヤジャスタ敗退で「クラシック中心」サートゥルナーリア危うし!? 昨年末ホープフルS(G1)「レベル」に疑問の声?の画像1

 24日に阪神競馬場で行われたすみれS(OP)は、2番人気のサトノルークス(牡2歳、栗東・池江泰寿厩舎)が優勝。昨年末のホープフルS(G1)2着だったアドマイヤジャスタを破ってクラシックに名乗りを上げた。

 すみれSは、過去の勝ち馬にNHKマイルC(G1)と日本ダービーの変則2冠を成し遂げ、種牡馬としても一時代を築いたキングカメハメハがおり、一昨年の菊花賞馬キセキや秋古馬三冠を勝ったゼンノロブロイなども上位馬に名を連ねる出世レースだ。

 今年は6頭立てと少頭数ながらアドマイヤジャスタ、サトノルークス、そしてキスラーという「億超え」の超良血馬が3強を形成。結局、勝ったのは2億9,160万円という最も高い落札価格のサトノルークスだった。なお、1番人気だったアドマイヤジャスタは2着に敗れた。

「急がせず、控えすぎることもなく、いいポジションが取れました。少しハミを噛むところはありましたが、良い感じで折り合いもつきました。自分から動いて後ろを封じていますし、良い内容、強い勝ち方だったと思います」

 レース後、池添謙一騎手は”超良血馬対決”を制したサトノルークスを称賛。狙い通り賞金の上積みに成功し、今後は皐月賞(G1)へ直行する見込みだ。

 一方、単勝1.5倍に推されながら2着に敗れたアドマイヤジャスタは、サートゥルナーリアとの逆転を期す皐月賞へ不安の残る結果となってしまった。

JRAホープフルS(G1)「レベル」に疑問の声!? アドマイヤジャスタ敗退で「クラシック本命」サートゥルナーリアの信頼度……のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!