NEW

武豊が「ドン引き」後輩騎手の号泣劇!? 藤岡佑介が「人生で一番泣いた」のは、昨年悲願のG1初制覇ではなく......

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
武豊も「ドン引き」後輩騎手の号泣劇!? 藤岡佑介が「人生で一番泣いた」のは、昨年悲願のG1初制覇ではなく......の画像1

 昨年74勝を上げて前年の36勝から倍増させ、復活を印象付けた藤岡佑介騎手。自身初となるG1制覇を達成するなど、一皮むけた印象を持ったファンも多いはずだ。

 そんな藤岡騎手が先月『フジテレビONE TWO NEXT』で放送された『武豊TV!II』で毎年恒例の「ジョッキー新年会」に出演。武豊騎手が"ドン引きした"号泣エピソードが話題になっている。

「本当に引くぐらいですよ――」

 詳細はぜひ番組をご覧いただきたいが、今でも武豊騎手がそう語るほど驚いた後輩騎手の号泣シーン。藤岡騎手本人も「たぶん人生で一番泣きました」と振り返ったのは、てっきりデビュー15年目にしてG1初制覇を成し遂げた昨年のNHKマイルCだと思われたが......。

 藤岡騎手が騎乗していたのは、武豊騎手の騎乗停止によって急遽代打騎乗となったケイアイノーテックだ。ほぼ最後方から最後の直線で大外に持ち出されると持ち前の末脚が爆発。上がり3ハロン33.7秒の豪脚で、粘るギベオンをクビ差捉えたところがゴールだった。

 番組に同席していた池添謙一騎手も「(15年目の)念願じゃないですか、だから泣くと思っていた」と振り返る感動の瞬間。ただ、鞍上の藤岡騎手からは池添騎手のお株を奪うような渾身のガッツポーズが飛び出すかと思いきや、本人はおとなしいもの......。池添騎手が「案外ケロッとしてて」と印象を語ると武豊騎手も「(泣くというより)笑顔の方だよね」と当時を振り返っている。

「嬉しかったですけど、泣く感じではなかったですね」と思い出を語った振り返った藤岡騎手だが、ではいつ号泣したのか。

「昔、覚えてるかな――」

武豊が「ドン引き」後輩騎手の号泣劇!? 藤岡佑介が「人生で一番泣いた」のは、昨年悲願のG1初制覇ではなく......のページです。GJは、競馬、川田将雅武豊池添謙一藤岡佑介の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!