NEW

【共同通信杯(G3)展望】JRA2歳王者アドマイヤマーズ出陣! 武豊クラージュゲリエら逆転狙う素質馬たちも

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【共同通信杯(G3)展望】JRA2歳王者アドマイヤマーズ出陣! 逆転狙う素質馬たちは......の画像1

 2月10日、春のクラシック戦線の行方を占う前哨戦の1つ、共同通信杯(G3、芝1800メートル)が東京競馬場で開催される。レースを展望しよう。

 近年では共同通信杯をステップにディーマジェスティ(2016年)、イスラボニータ(2014年)、ゴールドシップ(2012年)が皐月賞(G1、芝2000メートル)を優勝している。今年の目玉は4戦4勝で朝日杯FS(G1、芝1600メートル)を制したアドマイヤマーズ(牡3歳、栗東・友道康夫厩舎)。4戦とも鞍上はM.デムーロ騎手。もちろん、ここもM.デムーロ騎手で5戦5勝を目指す

 1月半ば、衝撃的なニュースが走った。皐月賞で1番人気が予想されるサートゥルナーリア(牡3歳、栗東・角居勝彦厩舎)の鞍上がM.デムーロ騎手からC.ルメール騎手に替わることが発表されたのだ。3戦3勝でホープフルS(G1、芝2000メートル)を優勝、3戦とも鞍上はM.デムーロ騎手だった。騎手は与えられた状況の中で全力を尽くすしかない。ここを勝って、堂々と皐月賞でサートゥルナーリアと対決したい。

 1週前追い切りはM.デムーロ騎手が跨がり栗東・CWで長めを追われ、7F97秒1-1F12秒1という好時計。デキは問題なさそうだ。友道康夫調教師は「皐月賞まで距離は許容範囲」と初距離に不安は見せていない。

 3戦目の京都2歳S(G3、芝2000メートル)で重賞初制覇、ここに挑んでくるのがクラージュゲリエ(牡3歳、栗東・池江泰寿厩舎)。ソウルスターリングの妹シェーングランツの出走が注目された新馬戦(芝1800メートル)で、鞍上のJ.モレイラ騎手が大外を回して楽々差し切った。2戦目の札幌2歳S(G3、芝1800メートル)では1番人気に支持されたが結果は3着。しかし、末脚は最も鋭く1、2着馬にきわどく迫った。

 1週前追い切りは栗東・CWで6F81秒5-1F11秒9。状態は良さそうだが、池江泰寿調教師は「右にもたれる面があって、手前の変え方もスムーズではなかった」とコメント。期待の高さゆえの辛口評価だろう。同師は「クラシックを見据えて輸送を経験させておきたい。東京コースも走らせたいですから」とも語っているように日本ダービー(G1、芝2400メートル)も見据えている。

【共同通信杯(G3)展望】JRA2歳王者アドマイヤマーズ出陣! 武豊クラージュゲリエら逆転狙う素質馬たちものページです。GJは、競馬、JRAアドマイヤマーズ共同通信杯の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!