NEW

パチンコ「超フィーバー」再び!? 興奮必至の「激アツ分野」参戦か

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチンコ「超フィーバー」再び!? 興奮必至の「激アツ分野」参戦かの画像1

 遊技人口の減少が深刻化しているパチンコ業界において、新規ユーザーの獲得が期待できる機種は貴重な存在と言えるだろう。

 その代表として挙げられるのが、国民的アイドル「AKB48」とのタイアップ機だ。2012年に登場した『CRぱちんこAKB48』(京楽産業.)は、パチンコ未経験者も取り込む「超フィーバー」を巻き起こした大ヒット作品である。

 ファン必見の「5大推しポイント」をはじめ、じゃんけんでセンターを争う「じゃんけん大会」など国民的行事を収録。それだけでなくチームサプライズの特別ライブとして「重力シンパシー公演」を全台一斉に流すなど、誰でも楽しめる要素が満載の仕上がりとなっていた。

 その後はパチスロ化もされるなど、業界のトップコンテンツの仲間入りを果たすことに成功。昨年リリースされた『CRぱちんこ AKB48-3 誇りの丘』が話題になったように、後継機は登場するたびに注目を集めている。

 空前の韓流ブームに湧いていた2006年に登場した『CRぱちんこ冬のソナタ』(京楽産業.)も負けてはいない。

 パチンコ経験の有無に関わらず、原作ファンがホールへ殺到。年配層を中心に絶大な支持を受けた本機は、新たな客層を呼び込んだ成功機種として認識されている。

 その後も好稼働を記録した『冬のソナタ』シリーズ。昨年リリースされた『ぱちんこ 冬のソナタ Remember』は、中古機価格で1位を獲得するなど予想を超える評価を得た。今なお高い人気を誇る存在だ。

「両機種とも反響は非常に大きかったですが、やはり『冬のソナタ』のブームはすごかったですね。高い稼働を見せただけではなく、パチンコ台を撮影するためだけに通うという女性の姿も見られましたよ。

本当に大盛り上がりでした。ユーザーは確実に増えていた印象です。もちろん機種の仕上がりは重要ですが、熱狂的なファンがいるコンテンツを題材にしたという点が大きかったと思います」(パチンコライター)

パチンコ「超フィーバー」再び!? 興奮必至の「激アツ分野」参戦かのページです。GJは、パチンコ・パチスロ、パチスロパチンコ新台の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!