NEW

JRA京都記念(G2)「ハンター」パフォーマプロミス今回も? 気がかりなのは「初」の……

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA京都記念(G2)「ハンター」パフォーマプロミス今回も? 気がかりなのは「初」の......の画像1

 2月10日、京都競馬場で京都記念(G2、芝2200メートル)が開催される。有力馬の1頭パフォーマプロミス(牡7歳、栗東・藤原英昭厩舎)は安心して買えるのだろうか。検討してみよう。

 パフォーマプロミスは今年7歳になった。しかし、これまでたった16戦しかしていない。デビューが3歳9月のスーパー未勝利戦と遅かったこともあるが、一戦必勝がモットー、高い勝率を誇る藤原英昭厩舎ならではの使い方だ。全競走成績は【7・2・2・5】。とても優秀だ。

 2017年の暮れ、有馬記念の前日に行われる有馬記念と同距離レースとして知られるグレイトフルS(1600万下)を勝ってオープン入り。昨年から重賞を走るようになった。全部で5走したが、その成績を抜き出してみる。

日経新春杯(G2、芝2400メートル) 
1着(1番人気) 54キロ
目黒記念(G2、芝2500メートル) 
3着(1番人気) 56キロ
宝塚記念(G1、芝2200メートル) 
9着(4番人気) 58キロ
アルゼンチン共和国杯(G2、芝2500メートル) 
1着(3番人気) 56キロ
有馬記念(G1、芝2500メートル) 
14着(7番人気) 57キロ

 実にわかりやすい。G2戦は3戦2勝3着1回とめっぽう走るが、G1戦では勝負にならない。いわばG2ハンターだ。

 G2戦の内容を見ると、日経新春杯の2着がロードヴァンドール、目黒記念の勝ち馬がウインテンダネス、アルゼンチン共和国杯の2着がムイトオブリガード。いずれもG1はもちろん、G2戦での好走も危うい馬たちだ。パフォーマプロミスを客観的に評価すれば、レベルが高いとは言えないG2戦で強いと言うべきだ。

 しかし、G2戦を連続好走していることには大きな価値がある。たとえばガンコは昨年、日経賞(G2、芝2500メートル)を勝ったがその後は凡走続き。目黒記念を勝ったウインテンダネスも同様。一度G2戦で好走できたからといって、その後も続けて好走できるとは限らない。ところがパフォーマプロミスは3度のG2戦をいずれも好走。今回の相手も超高レベルではない。これまでと同様の力を出せれば好走必至だ。

 ただし、今回最大の問題は別定57キロという斤量かもしれない。重賞を勝ってしまうと斤量が増えてしまい、G2やG1の壁に泣いてしまう馬も少なくない。パフォーマプロミスの場合はどうなのだろうか。

JRA京都記念(G2)「ハンター」パフォーマプロミス今回も? 気がかりなのは「初」の……のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!