NEW

JRA京都記念(G2)「ここ狙い」タイムフライヤー完全復活!? G1制覇当時と共通する明確な「上昇傾向」とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA京都記念(G2)「ここ狙い」タイムフライヤー完全復活!? G1制覇当時と共通する明確な「上昇傾向」とはの画像1

 G1馬復活へ――、猛然と坂を駆け上がった。10日に京都競馬場で行われる京都記念(G2)で、約1年ぶりの勝利を目指すタイムフライヤー(牡4歳、栗東・松田国英厩舎)が、かつての輝きを取り戻しつつある。

 復活は、もはや劇的でもなんでもない。栗東の坂路で行われた最終追い切りでタイムフライヤーが絶好の動きを披露。「前回も仕上がっていたと思うけど、今回の方がいい」と主戦の和田竜二騎手も手応えを露にするほど、そこにはひしひしと充実の気配が漂っていた。

 一昨年にG1昇格を果たしたホープフルSの”初代王者”に輝いたタイムフライヤー。そのまま世代をけん引するかと思われたが、単勝1.2倍に推された若葉S(OP)で、まさかの5着敗戦……そこから歯車が狂った。

 しかし、連敗を重ねる中で迎えた前走の中山金杯(G3)では5着ながら、勝ち馬とは0.2秒差の接戦。不調を脱するきっかけを掴んだに思えたが、今回はさらに上昇カーブを描いているという。

「寒い時期が良いんでしょうか。ここに来て急激に上がってきた気配がありますね。先週の1週前追い切りではCウッドで6ハロン79.8秒と、馬を鍛えて強くする”マツクニ流”らしい猛時計。

さすがに最終追い切りは軽めになるのかと思いきや、この動きですから。まさに”極限”の仕上げですが、馬が充実しているのは間違いないですし、明らかに京都記念を獲りに来ていると思いますね」(競馬記者)

 記者が話すには、特筆すべきは坂路4ハロン52.5秒の好時計だけでなく、ラストを12.1秒で踏ん張った点にあるという。

JRA京都記念(G2)「ここ狙い」タイムフライヤー完全復活!? G1制覇当時と共通する明確な「上昇傾向」とはのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!