NEW

JRAクイーンC(G3)クロノジェネシス信頼!? 関係者情報から見出した「5頭」がアツい!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRAクイーンC(G3)クロノジェネシス信頼!? 関係者情報から見出した「5頭」がアツい!の画像1

 9日、3歳牝馬によるクイーンC(G3、芝1600メートル)が行われる。現場から上がってきたとびきりの情報を元に予想しよう。

「◎」は素直にクロノジェネシス(牝3歳、栗東・斉藤崇史厩舎)。先行しながら速い上がりを使える馬として阪神JF(G1、芝1600メートル)では2番人気。出遅れて最後方からの競馬になったが、ここでも上がり最速の脚で2着。勝ったダノンファンタジーとの力量差は感じさせなかった。情報からは陣営の自信が窺える。

「『前走は今までと違う形でも好走と適応能力の高さを見せてくれました。この相手関係なら斤量が1キ口重くても負けられません』とスタッフは強気です」(競馬関係者)

 鞍上は昨年絶好調だった北村友一騎手。今年はシルクロードS(G3)をダノンスマッシュで重賞制覇、先週も東京新聞杯(G3)で6番人気の牝馬レッドオルガを2着に持ってきた。今年こそG1初制覇の期待がかかる。それがクロノジェネシスの桜花賞になる可能性は低くない。

 陣営によると「今のトレンドとも言えるノーザンの方針で、トライアルではなくここから桜花賞、オークスというローテ」とのこと。昨年は関東のノーザンFの馬が異例のローテで大活躍。今年は関西のノーザンFの馬も異例のローテでクラシックに臨んでくる。どんな結果になるのか楽しみだ。

「○」にはマドラスチェック(牝3歳、美浦・斎藤誠厩舎)を抜擢。前走の赤松賞(500万下、芝1600メートル)では、ここに出走するジョディー(牝3歳、美浦・戸田博文厩舎)とハナ争いを演じながら、直線では3番手まで下げ、そこから鋭く伸びた。逃げ切ったジョディーとはハナ差。センスも末脚も光った。鞍上は再度大野拓弥騎手。

JRAクイーンC(G3)クロノジェネシス信頼!? 関係者情報から見出した「5頭」がアツい!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事