NEW

JRA共同通信杯(G3)アドマイヤマーズに逆らえない!? 関係者情報から選んだ「4頭」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA共同通信杯(G3)アドマイヤマーズに逆らえない!? 関係者情報から選んだ「4頭」の画像1

 10日、東京競馬場で共同通信杯(G3、芝1800m)が開催される。共同通信杯はここ7年間で3頭の皐月賞馬を輩出するなど、クラシックで活躍する馬が続々と登場していることもあり、今年も実力派が顔を揃えた。

 このレースに「現場の声を最重視するブロディN」が挑戦。極秘ルートから仕入れた「関係者ネタ」で的中を狙う。

JRA共同通信杯(G3)アドマイヤマーズに逆らえない!? 関係者情報から選んだ「4頭」の画像2
※画像:アドマイヤマーズ/『JBISサーチ』より

 まず押しも押されもせぬ大本命「◎」はアドマイヤマーズ(栗東・友道康夫厩舎)だ。

 昨年末の朝日杯フューチュリティS(G1)では、単勝1.5倍の圧倒的支持を受けた大物牝馬グランアレグリアに勝利。無敗で2歳王者に上り詰め、牡馬クラシックの筆頭候補として名乗りをあげた。

「最終追い切りは栗東坂路で行い、馬なりで4ハロン54秒3、ラスト13秒0を記録。軽めの調整でしたが、1週前には、主戦のM.デムーロ騎手を背にウッドで6ハロン81秒9、ラスト11.8秒のタイムを叩き出しています。順調にきていると見ていいでしょう。

 関係者たちも、アドマイヤマーズのレースセンスを絶賛。長距離輸送となりますが、スタッフは『すでに古馬のような風格でどっしり構えているので、全く気にならない』と意に介していない様子です。

 アドマイヤマーズの父はダイワメジャー。産駒の多くはカレンブラックヒルやメジャーエンブレム、コパノリチャードらのようにマイル以下で活躍しています。そのため、後々は距離の限界も出てくるでしょうが、この春は完成度の違いでライバルを圧倒してくれるはず。ここで躓くことはちょっと考えづらいですね」(競馬記者)

JRA共同通信杯(G3)アドマイヤマーズに逆らえない!? 関係者情報から選んだ「4頭」のページです。GJは、競馬、JRAアドマイヤマーズ共同通信杯の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!