NEW

JRA京都記念(G2)マカヒキ不要の「勝負」馬券! 関係者が太鼓判を押す「激アツ馬」とは

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「現場情報至上主義・ジェームスT」今週の大勝負は、10日(日)に開催される古馬G1戦線を占う注目の一戦京都記念(G2)だ。

 個人的に注目していたのは、2016年のダービー馬マカヒキ。3歳秋より勝利から遠ざかっているが、昨年の札幌記念(G2)では切れ味を生かせない不良馬場で強烈な追い込みを見せ2着を確保している。敗れはしたが、復活を感じさせる走りだった。

JRA京都記念(G2)マカヒキ不要の「勝負」馬券! 関係者が太鼓判を押す「激アツ馬」とはの画像1

 その後は結果を残せていないが、強者と戦い続けてきたこともまた事実。G2ならば十分に戦えそうな気もするが......。

「距離が少し短いかも」「この時期の馬場は合わない気が......」といったマイナスな情報を入手している。ココは迷わず"切り"と判断。仕入れた「有力ネタ」から選んだ勝負馬で挑みたい。

 本命「◎」に選んだのは、昨年の宝塚記念(G1)3着馬ノーブルマーズ(牡6、栗東・宮本博厩舎)だ。

JRA京都記念(G2)マカヒキ不要の「勝負」馬券! 関係者が太鼓判を押す「激アツ馬」とはの画像2

 デビューから堅実な走りを見せてきた実力馬。昨年は重賞戦線でも存在感を示した。5月の目黒記念(G2)では勝ち馬から0.1秒差の2着。上半期のグランプリレース宝塚記念(G1)では、12番人気の低評価を覆して3着を確保した。

 休養明けの2戦は力を出し切れずに終わったが、今年の始動戦となった日経新春杯(G2)は4着と好走。勝ち馬との差は0.2秒差と内容も評価できる。「ようやく復調してきた」と陣営のトーンは高い。

「典型的な叩き良化型だからね。陣営も『更なる上積みが見込める』と自信を覗かせているよ。毛ヅヤも良いし活気もある。状態に不安はないね。『馬場が渋っても問題ないし、他馬との斤量差もなくなる。勝ち負けを期待したい』と勝負気配は相当高いよ」(競馬関係者)

JRA京都記念(G2)マカヒキ不要の「勝負」馬券! 関係者が太鼓判を押す「激アツ馬」とはのページです。GJは、競馬、JRAマカヒキ京都記念(G2)の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!