NEW

JRAフェブラリーS(G1)「普通なら主役?」ルメール×ゴールドドリームの恐ろしさ。軽視禁物

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRAフェブラリーS(G1)「普通なら主役?」ルメール×ゴールドドリームの恐ろしさ。軽視禁物の画像1

 今週末に開催されるフェブラリーS(G1)。藤田菜七子騎手がコパノキッキングでG1初参戦するということもあり、異例の注目を集めている。そのコンビの前に立ちふさがるのが、ダート界の古豪ゴールドドリーム(牡6歳、栗東・平田修厩舎)だ。

 一昨年はフェブラリーSとチャンピオンズC(G1)を勝ち、春秋統一ダート王の座に就いたゴールドドリーム。昨年も5度G1競走に出走し、2勝2着3回。一度も連対を外すことなく、ダート界の主役として君臨し続けた。

「昨秋にはマイルCS南部杯でルヴァンスレーヴ、東京大賞典競走ではオメガパフュームと、ともに3歳勢に遅れを取ってしまいました。ですがそれも斤量差があり、五分の条件ではありませんでした。そのため実力はいまだトップクラスであることに疑いの余地はありません。

今回は豪華なメンバーが揃うこともあり他に目がいきがちですが、このC.ルメール騎手×ゴールドドリームのコンビを軽視すると痛い目を見るのではないでしょうか。まだ6歳ですし、世代交代の波に飲まれる存在となるには早いですよ」(競馬記者)

 G1競走で4勝をあげ、実績では最上位のゴールドドリーム。その本馬の1週前追い切りは、栗東のCWコースでルメール騎手を背に3頭併せ。併せた2頭を歯牙にもかけない走りを見せ、6ハロン82秒2、ラスト12秒4のタイムを記録している。管理する平田調教師は「スポーツ報知」の取材に応じ、「1週前としては予定通りで、このぐらい動けば十分」と余裕の姿勢を崩さない。

JRAフェブラリーS(G1)「普通なら主役?」ルメール×ゴールドドリームの恐ろしさ。軽視禁物のページです。GJは、競馬、C.ルメールゴールドドリームフェブラリーステークスの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!