NEW

フェブラリーS(G1)「隠れ」マイル巧者サンライズソアに本格化の兆し!大逆転で “善戦マン”返上へ「大穴男」田辺裕信が伝説再現に燃える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRAフェブラリーS(G1)「隠れ」マイル巧者サンライズソアに本格化の兆し!大逆転で 善戦マン返上へ「大穴男」田辺裕信が伝説再現に燃えるの画像1

 17日、今年最初のJRA・G1レース、フェブラリーS(ダート1600m)が行われる。伏兵の1頭がサンライズソア(牡5歳、栗東・河内洋厩舎)。馬券になる可能性はあるのか。可能性を探ってみよう。

 サンライズソアは昨秋2つのG1レースを好走して、ここに臨んでくる。レースを振り返ってみよう。京都開催だったJBCクラシック(G1、ダート1900m)は逃げて3着。逃げたとはいえテーオーエナジー、テイエムジンソクに絡まれる苦しい流れ。展開を利して差してきたケイティブレイブとオメガパフュームに交わされたが3着に踏ん張ったのは高く評価できる。

 続くチャンピオンズC(G1、ダート1800m)も3着。ダート王ルヴァンスレーヴが2、3番手から楽々と優勝したが、道中5番手から直線でよく伸びた。ウェスタールンドの奇襲作戦に内をすくわれたが着差はわずか。ルヴァンスレーヴが南部杯(G1、ダート1600m)でゴールドドリームに完勝しているのと比較すれば、強敵の1頭ゴールドドリームと遜色のない能力を示した。

 4歳時の昨年、3月の名古屋大賞典(G3、ダート1900m)で重賞初優勝、5月の平安S(G3、ダート1900m)で2つ目の重賞制覇、秋のG1戦で好走。明け5歳になった今年、本格化してきた走りに期待がかかる。

 サンライズソアは2歳、3歳時から活躍している。当時から厩舎こそ異なるが同馬主同世代のサンライズノヴァと鎬を削ってきた。競馬ファンは「どっちがどっちだっけ?」と悩まされたものだが、次第に両馬の個性が明らかになる。サンライズソアは長目の距離での先行馬、サンライズノヴァは短か目の距離での追い込み馬。

 3歳時、マイルのユニコーンS(G3)ではサンライズノヴァが優勝し、サンライズソアは3着。2000mのジャパンダートダービー(G1)ではサンライズソアが2着、サンライズノヴァは6着に敗れている。この2頭はこのフェブラリーSでも戦うことになるが、府中のマイルならばサンライズノヴァの方が圧倒的に有利に見える。

 だが、単純にそう言ってしまっていいのだろうか。

フェブラリーS(G1)「隠れ」マイル巧者サンライズソアに本格化の兆し!大逆転で “善戦マン”返上へ「大穴男」田辺裕信が伝説再現に燃えるのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!