NEW

武豊「覚醒」エアウィンザーと再コンビ! 「リーディング」馬質向上の象徴的存在?

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
武豊「覚醒」エアウィンザーと再コンビ! 「リーディング」馬質向上の象徴的存在?の画像1

 昨年のチャレンジC(G3)を制したエアウィンザー(牡5 栗東・角居勝彦厩舎)が、次走に予定している金鯱賞(G2)で武豊騎手とコンビを組むことがわかった。

 武豊騎手は、兄エアスピネルの主戦だったこともあってか、デビューから4戦目までエアウィンザーの手綱を握っていた。しかし、2戦目の未勝利戦こそ勝利したもののなかなか勝ちきれず、3歳の共同通信杯(G3)6着を最後にコンビ解消。福永祐一騎手やデムーロ兄弟らに手綱が渡ることとなった。

 3歳中は7戦を消化し、1000万下と何とか脱するという状況で、4歳初戦の1月の1600万下も2着。その後約5カ月の休養に入る。兄のエアスピネルよりスケールが小さく、「なかなか勝ちきれない」性質はも同じと思われていたが......。

復帰初戦は5月末だったが、ここから馬が一変する。東京のむらさき賞(1600万下)を圧勝すると、そこからさらに4カ月休養して西宮S(1600万下)を連勝。10月のカシオペアS(OP)では、グリュイエールにトリコロールブルーという実績馬相手に2馬身差をつけ快勝。勢いに乗って挑んだ12月チャレンジC(G3)では、ステイフーリッシュやダンビュライト、レイエンダらが集結する中、道中4番手から4コーナーで外をまくり、直線半ばで先頭に立つと後は突き放す一方。2着マウントゴールドを3馬身突き放す圧勝で4連勝を決めている。

 昨年4歳秋での「覚醒」。1戦1戦着実に実績を積み上げ、G1挑戦にあと一歩のところまで来た。今回の金鯱賞はペルシアンナイト、ギベオン、アルアイン、リスグラシュー、さらに4歳の大物ダノンプレミアムなど、これまでよりツーランク上といえるライバルが揃う。エアウィンザーにとって飛躍に向けての大きな壁といえるが、ここで、デビュー時手綱をとったレジェンドに白羽の矢が立った。

武豊「覚醒」エアウィンザーと再コンビ! 「リーディング」馬質向上の象徴的存在?のページです。GJは、競馬、JRAエアウィンザー武豊金鯱賞の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!