NEW

武豊「覚醒」エアウィンザーと再コンビ! 「リーディング」馬質向上の象徴的存在?

【この記事のキーワード】, , ,
武豊「覚醒」エアウィンザーと再コンビ! 「リーディング」馬質向上の象徴的存在?の画像1

 昨年のチャレンジC(G3)を制したエアウィンザー(牡5 栗東・角居勝彦厩舎)が、次走に予定している金鯱賞(G2)で武豊騎手とコンビを組むことがわかった。

 武豊騎手は、兄エアスピネルの主戦だったこともあってか、デビューから4戦目までエアウィンザーの手綱を握っていた。しかし、2戦目の未勝利戦こそ勝利したもののなかなか勝ちきれず、3歳の共同通信杯(G3)6着を最後にコンビ解消。福永祐一騎手やデムーロ兄弟らに手綱が渡ることとなった。

 3歳中は7戦を消化し、1000万下と何とか脱するという状況で、4歳初戦の1月の1600万下も2着。その後約5カ月の休養に入る。兄のエアスピネルよりスケールが小さく、「なかなか勝ちきれない」性質はも同じと思われていたが……。

復帰初戦は5月末だったが、ここから馬が一変する。東京のむらさき賞(1600万下)を圧勝すると、そこからさらに4カ月休養して西宮S(1600万下)を連勝。10月のカシオペアS(OP)では、グリュイエールにトリコロールブルーという実績馬相手に2馬身差をつけ快勝。勢いに乗って挑んだ12月チャレンジC(G3)では、ステイフーリッシュやダンビュライト、レイエンダらが集結する中、道中4番手から4コーナーで外をまくり、直線半ばで先頭に立つと後は突き放す一方。2着マウントゴールドを3馬身突き放す圧勝で4連勝を決めている。

 昨年4歳秋での「覚醒」。1戦1戦着実に実績を積み上げ、G1挑戦にあと一歩のところまで来た。今回の金鯱賞はペルシアンナイト、ギベオン、アルアイン、リスグラシュー、さらに4歳の大物ダノンプレミアムなど、これまでよりツーランク上といえるライバルが揃う。エアウィンザーにとって飛躍に向けての大きな壁といえるが、ここで、デビュー時手綱をとったレジェンドに白羽の矢が立った。

武豊「覚醒」エアウィンザーと再コンビ! 「リーディング」馬質向上の象徴的存在?のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「迷惑をかけて申し訳ない」武豊“大外タックル”で騎乗停止から約3年…。「因縁」被害馬トレーナーと3年ぶりのコンビ復活
  2. JRA 「ホントにカッコいい」藤田菜七子も熱視線注ぐイケメン騎手にG1制覇の大チャンス!? 休養中に評価「爆上げ」の隠れ桜花賞馬候補
  3. JRA池添謙一「有馬記念だけで種牡馬になれると」ブラストワンピース“史上初”の屈辱的結末…。瀬戸際の「ハービンジャー後継問題」を救うのは、あの大物馬主?
  4. JRA M.デムーロの次は横山武史、アノ中堅騎手がまた「強奪」の被害!? 因縁の「ドゥラメンテ産駒」で下した陣営の手厳しい決断とは
  5. JRA 武豊「因縁」オーナーと5億円の復縁!? ワールドプレミア降板劇から突然の大物騎乗依頼、両者に交錯する「思惑」とは
  6. JRA“父親参観”横山典弘がAJCC(G2)に自信あり!? 「疑惑封印」狙うキングオブコージに隠し切れない勝負気配
  7. JRA「言うことがないです」武豊も絶賛したアロゲート産駒から怪物登場の予感も……。 将来性豊かな期待馬を襲ったアクシデント
  8. JRA金子真人氏に高まるAJCC(G2)東海S(G2)ダブル勝利の期待感! 急逝ワグネリアンに捧げる土日重賞勝利の勢いは今週も?
  9. JRA「ビックリするぐらい状態はいい」武豊の元クラシック候補が異例の挑戦!? ディープインパクト産駒でも「大丈夫」なワケとは
  10. JRA「あの馬がいたから今の自分がある」川田将雅の原点はマル外の短距離馬!? 当時6年目の若手がトップジョッキーになった「キッカケ」とは