NEW

JRA「不安」フェブラリーS(G1)オメガパフューム最大の「難関」距離疑問説は消えず

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 17日に行われるフェブラリーS(G1、ダート1600メートル)で人気の一角を占めるのがオメガパフューム(牡4歳、栗東・安田翔伍厩舎)。交流G1制覇に続きG1レースを連覇できるのか。検討してみよう。

 昨年のジャパンダートダービー(Jpn1、ダート2000メートル)はルヴァンスレーヴが圧勝。競馬界は底知れない力を持つ3歳ダート王の誕生に湧いた。ここで2着だったのがオメガパフューム。ルヴァンスレーヴばかりが脚光を集め大きな注目はされなかったが、直線で見せた脚は素晴らしかった。この時、オメガパフュームというもう1頭のスターホースも誕生していたのだ。

 オメガパフュームは次走に古馬との混合戦シリウスS(G3、ダート2000メートル)を選択。古馬勢を一蹴し”本物”であることを知らしめると、堂々と秋のダート王道路線に乗り込む。

 JBCクラシック(G1、ダート1900メートル)では名だたるダート強豪馬を相手に2着となり、古馬混合G1レースでも通用することを証明した。続くチャンピオンズC(G1、ダート1800メートル)は5着に敗退。勝ったのはルヴァンスレーヴ。3歳ダート王がダート界の統一チャンピオンに君臨した。この時点では、まだルヴァンスレーヴとの力量差があることが判明した。

 しかし、東京大賞典(G1、ダート2000メートル)で躍進する。鞍上のM.デムーロ騎手は道中は後方に位置取り、3角から4角にかけて先団にとりつき、直線で良く伸びて優勝。古豪ゴールドドリームを退け、ついにG1馬になった。

 今年はオメガパフュームの真価が問われる。目標はもちろん打倒ルヴァンスレーヴ。ルヴァンスレーヴは脚元の故障で休養に入ってしまったが、再び対決の日がくるのを待ちながら、打倒ルヴァンスレーヴの1番手に座る必要がある。

JRA「不安」フェブラリーS(G1)オメガパフューム最大の「難関」距離疑問説は消えずのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!