NEW

【ダイヤモンドS(G3)展望】JRA超長距離王戦! 大本命ユーキャンスマイルに襲いかかる「良血馬」

【この記事のキーワード】, ,

 16日(土)に東京競馬場で開催されるダイヤモンドS(G3)。東京競馬場の3400mというコース設定はこのレースのためだけに用意され、年に1度しか使用されない。そんな特殊すぎるレースに出走を予定している有力馬を紹介しよう。

【ダイヤモンドS(G3)展望】JRA超長距離王戦! 大本命ユーキャンスマイルに襲いかかる「良血馬」の画像1

 ステイヤー界の新星として注目を集めるユーキャンスマイル(牡4歳、栗東・友道康夫厩舎)はここでも人気を集めそうだ。

 昨年、春のクラシックへの出走は叶わなかったものの、夏に自己条件の阿賀野川特別(1000万下・芝2200m)で古馬相手に勝利し、中長距離路線で台頭。秋は武豊騎手とともに菊花賞(G1)に挑戦した。レースでは10番人気ながら、上がり最速タイとなる33.9秒の末脚を繰り出して3着。3連単100,590円と高額配当の立役者となった。

 今年は3000m戦の万葉S(OP)で始動。単勝1.5倍と圧倒的支持を獲得したユーキャンスマイルは、4、5番手で競馬を展開。しかし最後の直線で脚を伸ばすも、逃げたヴォージュにハナ差届かず2着。それでも、2戦続けて上がり最速を記録しており、長距離への適性の高さを証明した。

 最終追いは栗東の坂路で併せ馬。残り1ハロンから僚馬に並びかけ、そのまま併入。4ハロン54秒0、ラスト12秒4を記録している。管理する友道調教師は「1回たたいた上積みはあると思う」と話し、前回は「右へよれる悪い癖が出た」と敗因を分析している。

 強いと評判の”明け4歳勢”では唯一出走するユーキャンスマイル。ベテラン相手に、世代交代の波を感じさせる走りを見せてもらいたい。

【ダイヤモンドS(G3)展望】JRA超長距離王戦! 大本命ユーキャンスマイルに襲いかかる「良血馬」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「迷惑をかけて申し訳ない」武豊“大外タックル”で騎乗停止から約3年…。「因縁」被害馬トレーナーと3年ぶりのコンビ復活
  2. JRA 「ホントにカッコいい」藤田菜七子も熱視線注ぐイケメン騎手にG1制覇の大チャンス!? 休養中に評価「爆上げ」の隠れ桜花賞馬候補
  3. JRA池添謙一「有馬記念だけで種牡馬になれると」ブラストワンピース“史上初”の屈辱的結末…。瀬戸際の「ハービンジャー後継問題」を救うのは、あの大物馬主?
  4. JRA M.デムーロの次は横山武史、アノ中堅騎手がまた「強奪」の被害!? 因縁の「ドゥラメンテ産駒」で下した陣営の手厳しい決断とは
  5. JRA 武豊「因縁」オーナーと5億円の復縁!? ワールドプレミア降板劇から突然の大物騎乗依頼、両者に交錯する「思惑」とは
  6. JRA“父親参観”横山典弘がAJCC(G2)に自信あり!? 「疑惑封印」狙うキングオブコージに隠し切れない勝負気配
  7. JRA「言うことがないです」武豊も絶賛したアロゲート産駒から怪物登場の予感も……。 将来性豊かな期待馬を襲ったアクシデント
  8. JRA金子真人氏に高まるAJCC(G2)東海S(G2)ダブル勝利の期待感! 急逝ワグネリアンに捧げる土日重賞勝利の勢いは今週も?
  9. JRA「ビックリするぐらい状態はいい」武豊の元クラシック候補が異例の挑戦!? ディープインパクト産駒でも「大丈夫」なワケとは
  10. JRA「あの馬がいたから今の自分がある」川田将雅の原点はマル外の短距離馬!? 当時6年目の若手がトップジョッキーになった「キッカケ」とは