NEW

JRA福永祐一「アンラッキー」から45分後"朗報"にホッコリ!? ビーチサンバ「大出遅れ」も明暗分けた「クビ差」の舞台裏

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA福永祐一「アンラッキー」から45分後の朗報にホッコリ!? ビーチサンバ「大出遅れ」も明暗分けた「クビ差」の舞台裏の画像1


 冷え込みが厳しくなってきた関東中心部では15日、軽く雪が降った。先週、東京開催が降雪の影響で順延になっただけに、競馬ファンの間では早くも心配の声が聞かれ始めている。

 今週末、東京競馬場で開催されるフェブラリーS(G1)は藤田菜七子騎手がG1初挑戦を迎えることもあって、例年にない盛り上がり。もし順延されれば月曜日は平日なだけに、予定通り日曜日に行えることを願うばかりだ。

 雪の順延といえば、先週大きな影響を受けた重賞レースが中央競馬のクイーンC(G3)と、佐賀競馬の佐賀記念(G3)だった。

 土曜開催だったクイーンCが、佐賀記念が行われる月曜日にスライドしたことで多くの競馬関係者に影響があったが、突如小さくはない決断を迫られたのが佐賀記念に騎乗予定があったJRAの福永祐一騎手と松岡正海騎手だ。

 2人の内、松岡騎手は「かなり駒が揃って楽しみにしていただけに残念」と複雑な表情を浮かべながらも中央での騎乗をキャンセルし、予定通り佐賀記念に騎乗するために九州へ。

 対してクイーンCの有力馬ビーチサンバに乗る福永騎手は佐賀記念を諦め、順延された東京競馬に参戦した。

 東京参戦を選んだ福永騎手はこの日、計6鞍に騎乗。1勝したものの2着が3回と勝ちきれない1日になってしまった。その中でも特に本人が「アンラッキー」と悔しがったのが、ビーチサンバでクビ差の2着に終わったメインのクイーンCだ。

JRA福永祐一「アンラッキー」から45分後"朗報"にホッコリ!? ビーチサンバ「大出遅れ」も明暗分けた「クビ差」の舞台裏のページです。GJは、競馬、JRAクイーンCビーチサンバ福永祐一の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!