NEW

JRA藤田菜七子「初重賞制覇」へ大チャンス!? コパノキッキング「次走」決定で大井競馬場にファン殺到?

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA藤田菜七子「初重賞制覇」へ大チャンス!? コパノキッキング「次走」決定で大井競馬場にファン殺到?の画像1


 19日、先週のフェブラリーS(G1)に出走したコパノキッキング(セン4歳、栗東・村山明厩舎)が、4月10日に大井競馬場で開催される東京スプリント(G3)に向かうことがわかった。なお、鞍上は引き続き藤田菜七子騎手が務める見込みだ。

 人馬ともに初G1となったフェブラリーSは、最後の直線で後方から猛然と追い上げたものの5着。だが、レース後に藤田菜七子騎手が「今日は違う景色が見えました」とコメントしたように大きな経験になった。

 そんな競馬界のヒロインに重賞初制覇のチャンスが巡ってきた。

 フェブラリーSは結果的に「G1の壁」に跳ね返されることとなったが、コパノキッキングにとっては初のマイル戦。あくまで可能性を追求しての挑戦だった。得意のスプリント戦に戻れば昨年のカペラS(G3)、今年の根岸S(G3)と重賞連勝中。1200mの東京スプリントならば当然、最有力候補の1頭となるはずだ。

「フェブラリーSのレース後には、オーナーから『かしわ記念(G1)の可能性』も出ていましたが、村山明調教師らと協議した結果、東京スプリントに向かうことになったようです。

このレースは2013年にラブミーチャンが勝ったレース。オーナーが風水のDr.コパさんだけに、そういった要素もありそうです。今最も注目を集めているコンビですし、今年のフェブラリーSは異例の盛り上がりでした。レース当日は、藤田菜七子騎手の初重賞制覇を見届けようと、大井競馬場にはファンが殺到するかもしれませんね」(競馬記者)

JRA藤田菜七子「初重賞制覇」へ大チャンス!? コパノキッキング「次走」決定で大井競馬場にファン殺到?のページです。GJは、競馬、JRAコパノキッキングフェブラリーS藤田菜七子の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!