NEW

【すみれS展望】アドマイヤジャスタが2億円超えの良血馬と対決! クラシックを見据えた好素材が集った!!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 24日に阪神競馬場で開催されるすみれS(リステッド・芝2200m)。過去の優勝馬には日本ダービーを勝ったフサイチコンコルド、キングカメハメハ、有馬記念で2着に入ったリンカーンなど名馬たちが名を連ねる。そのレースに、今年も中長距離での活躍が期待される素質馬たちが集結した。

【すみれS展望】アドマイヤジャスタが2億円超えの良血馬と対決! クラシックを見据えた好素材が集った!!の画像1

 押しも押されもせぬ大本命だと見られているのが、アドマイヤジャスタ(栗東・須貝尚介厩舎)だ。

 本馬は父に中距離馬として世界一のレーティングを記録したジャスタウェイ。母はアドマイヤテレサ、母父は凱旋門賞を制するなどG1競走5勝を挙げたエリシオという良血馬だ。半兄にオーストラリアG1のコーフィールドCを制したアドマイヤラクティもいる。

 新馬戦(芝1800m)こそ伏兵のブレイキングドーンの前に敗れて2着に終わったものの、続く未勝利戦(芝1600)、紫菊賞(500万下、芝2000m)を連勝。暮れにはG1競走のホープフルSへ進んだ。

 評判馬サートゥルナーリアに次いで2番人気に支持されたアドマイヤジャスタ。終始ライバルをマークする形でレースを展開し、最後の直線では一度は先頭に躍り出た。だが、健闘もそこまで。最後はサートゥルナーリアに交わされて1馬身半差の2着。レース後、管理する須貝調教師は「現時点では勝ち馬の完成度が一枚上。何とか春には......」と雪辱を誓った。

 今回から鞍上をC.ルメール騎手から岩田康誠騎手にチェンジ。岩田騎手は先週、ダイヤモンドS(G3)でユーキャンスマイルに騎乗し、馬群を縫うように進出して今年重賞初勝利を記録。さらに現段階で17勝をあげてリーディング4位に入るなど、好調をキープしている。

 サートゥルナーリアに前走の借りを返すためにも、ここで負ける訳にはいかない。アドマイヤジャスタ×岩田騎手の新コンビがクラシックに名乗りを上げる。

【すみれS展望】アドマイヤジャスタが2億円超えの良血馬と対決! クラシックを見据えた好素材が集った!!のページです。GJは、競馬、すみれSアドマイヤジャスタサトノルークスの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!