NEW

JRA中山記念エポカドーロ「本当の実力」皐月賞・ダービーのレベルに疑問も、やはり有力か

【この記事のキーワード】, , ,
JRA中山記念エポカドーロ「本当の実力」皐月賞・ダービーのレベルに疑問も、やはり有力かの画像1

 24日に行われる中山記念(G2、芝1800メートル)でエポカドーロ(牡4歳、栗東・藤原英昭厩舎)が古馬戦に初登場する。皐月賞馬の貫禄を発揮できるのか。可能性を探ってみたい。

 エポカドーロが存在感を見せつけたのは昨年3月、この中山記念と同舞台のスプリングS(G2、芝1800メートル)だった。コスモイグナーツが大逃げを打ち、エポカドーロは離れた馬群の先頭。実質単騎逃げだった。直線に入って残り200メートルあたりで先頭に立ち逃げ込みをはかったが、ゴール板で1番人気のステルヴィオにハナ差交わされてしまった。3着馬には3馬身半差をつけたので、ステルヴィオとエポカドーロの強さだけが際立った。

 本番の皐月賞(G1、芝2000メートル)でも神様はエポカドーロに微笑んだ。稍重発表のやや時計がかかる馬場のなか、アイトーン、ジェネラーレウーノ、ジュンヴァルロが雁行しながらハイペースで飛ばし、エポカドーロはまたしても大きく離れた後続集団の先頭にいた。直線では前にいる3頭を難なく交わして先頭でゴール、クラシック1冠目を制した。

 続く日本ダービー(G1、芝2400メートル)ではスタート直後はジェネラーレウーノとのハナ争いになったが、ジェネラーレウーノが控えたため自然と逃げの形。先頭を走り続け、ゴール直前でワグネリアンに差されたが2着を確保。皐月賞馬として最低限の仕事はやってのけた。クラシック最終戦菊花賞(G1、芝3000メートル)は8着だったが、距離が不向きだった可能性もある。

 昨年秋は現4歳世代である3歳馬が古馬勢に混じって大活躍した。もちろん筆頭はジャパンC(G1)を圧勝したアーモンドアイ。他のG1レースではステルヴィオがマイルCS(G1)、ルヴァンスレーヴがチャンピオンズC(G1、ダート1800メートル)、ブラストワンピースが有馬記念(G1)を制した。

 しかし、エポカドーロとワグネリアンは古馬勢と戦うレースに出走しなかったため、皐月賞馬と日本ダービー馬がどれだけ強いのか、比較できなくなってしまった。その上、皐月賞は勝ち負けがあまりに展開に左右された内容。日本ダービーで2、3番手の競馬をして3着に残ったコズミックフォースはその後全く活躍できず、日本ダービーは単なる前残りの凡戦だったと見ることもできる。

JRA中山記念エポカドーロ「本当の実力」皐月賞・ダービーのレベルに疑問も、やはり有力かのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「一瞬しか本気で走っていない」陣営もダービー即断! 超大物が異次元の強さで3連勝、ジョッキーも「ポテンシャル高い」と太鼓判
  2. 元JRA藤田伸二氏「ちょっとないな」アートハウス川田将雅をバッサリ…「直線向くまで200点騎乗」と評価も手痛いダメ出し
  3. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇
  5. JRA「最多勝」武豊を超える6頭のダービー馬を輩出…フジキセキ、ディープインパクトの父「サンデーサイレンス」が日本競馬に残した革命的な足跡
  6. JRA福永祐一「武豊超え」の最終関門はキングヘイロー!? 日本ダービー(G1)前人未到の三連覇へ「恩馬」から与えられた試練
  7. オークス(G1)元JRA安藤勝己氏も苦言を呈した「最長」遅延の裏側…G1初騎乗ジョッキーが「顔面蒼白」となった衝撃の後ろ蹴り
  8. JRA武豊「ハナ差」で逃がしたダービー3連覇! スペシャルウィーク、アドマイヤベガからの痛恨敗戦…「生まれ変わった」福永祐一がジオグリフと挑む
  9. JRA 2週続いた横山武史騎手のリベンジ劇、2度あることは3度ある? 今週はキラーアビリティでエフフォーリアの“忘れ物”を獲りに行く
  10. JRA武豊「後方待機」連発にファンから不満も…日本ダービー(G1)ドウデュースの選択はキズナの再現が濃厚?