NEW

JRA栗田博憲調教師「今思い返しても胸くそ悪い」。名伯楽の”心残り”……波紋を呼んだ「年度代表馬」論争から26年

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA栗田博憲調教師「今思い返しても胸くそ悪い」。名伯楽の心残り......波紋を呼んだ「年度代表馬」論争から26年の画像1

 例年以上の盛り上がりを見せたフェブラリーS(G1)も終わり、今週末からいよいよ春競馬が開幕。だが競馬界では同時に、定年を迎えた調教師などが引退する”別れの季節”でもある。

 特に今年は、数多くの名馬を手掛けた調教師8名が同時に引退。各陣営にとって”有終の美”を飾るために力が入るのは当然だが、中でも土日合わせて14頭の大攻勢をかける栗田博憲厩舎は特に注目される存在だ。

「平常心ですよ」

『中日スポーツ』の取材に”いつも通り”を強調した栗田調教師。一昨年に引退した皐月賞馬イスラボニータを手掛けるなど、晩年もファンを沸かせた名伯楽だが、引退するにあたって大きな「心残り」が1つだけあるという。

「あれは、今思い返しても……」

 栗田調教師がそう振り返るのは、厩舎が上げたG1全6勝の内、3勝を上げた名マイラー・ヤマニンゼファーのことだ。

 1993年に安田記念(G1)と天皇賞・秋(G1)を制したヤマニンゼファー。当時、マイルと中距離の”二階級制覇”を成し遂げられたのは、オグリキャップやニッポーテイオーといった一部の歴史的名馬だけであり、距離の壁を覆した本馬も高く評価された。

 しかし、同年の年度代表馬に選出されたのは菊花賞馬のビワハヤヒデ。それも同馬が勝ったG1はその1つだけだったことから、当時の競馬ファンやマスコミに間でも大きな議論を呼んだ。

JRA栗田博憲調教師「今思い返しても胸くそ悪い」。名伯楽の”心残り”……波紋を呼んだ「年度代表馬」論争から26年のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!