NEW

JRA栗田博憲調教師「今思い返しても胸くそ悪い」。名伯楽の”心残り”……波紋を呼んだ「年度代表馬」論争から26年

【この記事のキーワード】, ,
JRA栗田博憲調教師「今思い返しても胸くそ悪い」。名伯楽の心残り......波紋を呼んだ「年度代表馬」論争から26年の画像1

 例年以上の盛り上がりを見せたフェブラリーS(G1)も終わり、今週末からいよいよ春競馬が開幕。だが競馬界では同時に、定年を迎えた調教師などが引退する”別れの季節”でもある。

 特に今年は、数多くの名馬を手掛けた調教師8名が同時に引退。各陣営にとって”有終の美”を飾るために力が入るのは当然だが、中でも土日合わせて14頭の大攻勢をかける栗田博憲厩舎は特に注目される存在だ。

「平常心ですよ」

『中日スポーツ』の取材に”いつも通り”を強調した栗田調教師。一昨年に引退した皐月賞馬イスラボニータを手掛けるなど、晩年もファンを沸かせた名伯楽だが、引退するにあたって大きな「心残り」が1つだけあるという。

「あれは、今思い返しても……」

 栗田調教師がそう振り返るのは、厩舎が上げたG1全6勝の内、3勝を上げた名マイラー・ヤマニンゼファーのことだ。

 1993年に安田記念(G1)と天皇賞・秋(G1)を制したヤマニンゼファー。当時、マイルと中距離の”二階級制覇”を成し遂げられたのは、オグリキャップやニッポーテイオーといった一部の歴史的名馬だけであり、距離の壁を覆した本馬も高く評価された。

 しかし、同年の年度代表馬に選出されたのは菊花賞馬のビワハヤヒデ。それも同馬が勝ったG1はその1つだけだったことから、当時の競馬ファンやマスコミに間でも大きな議論を呼んだ。

JRA栗田博憲調教師「今思い返しても胸くそ悪い」。名伯楽の”心残り”……波紋を呼んだ「年度代表馬」論争から26年のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「超大物」JRA騎手が調教師試験に挑戦! 今村聖奈「大ブレイク」の陰で泣く若手騎手… 名門サラブレッドクラブ「解散」秒読み【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. 福永祐一に“盗まれた”の声も……関西のベテラン騎手が2歳超大物「降板」の真相
  3. 武豊からリーディング奪った剛腕騎手が「132連敗」の大苦戦、過去にはエージェントとの確執も噂に…ダービージョッキーに限界説も
  4. スプリンターズS(G1)「引退レース優勝おめでとう」から呆然…JRA関係者も予期していなかった「まさか」のラストラン
  5. JRAサトノダイヤモンドら「大苦戦」の中でリーディング首位快走! ディープインパクト後継争い尻目に「米国の刺客」から第2のジオグリフ誕生の予感
  6. JRAソーヴァリアントを捨ててもC.ルメールが乗りたい大物!? 神戸新聞杯(G2)「低レベル説」は大間違い、勢力図一変を狙う素質馬がついにヴェールを脱ぐ
  7. あの「超大物」JRA騎手が調教師試験に挑戦! 競馬界随一の「理論派ジョッキー」がいよいよ第二の人生へ…早くも「成功確実」という声も
  8. ディープインパクト、メジロマックイーンら育てた名伯楽が勝率「3.6%」の大苦戦…“5頭目の正直”で問われる相馬眼
  9. JRAオールカマー(G2)川田将雅「強奪」に横山武史ガックリ!? 「タイトルホルダーより上」ベタ惚れの大器と再コンビならず意気消沈…
  10. JRA今村聖奈「大ブレイク」の陰で悲痛な叫び。「何のために騎手になったのか」乗鞍激減、レース開催日に”お留守番”続出