NEW

JRA中山記念(G2)確信の「3点」勝負!「現場ネタ」が導く「究極の4頭」とは

【この記事のキーワード】, ,

 今週「現場情報至上主義・ジェームスT」が挑むのは、24日に開催される中山記念(G2)だ。入手した「有力関係者ネタ」から究極の4頭を選択。確信の「3点」勝負を決行したいと思う。

 本命「◎」に選んだのは、昨年の本レース覇者ウインブライト(牡5、美浦・畠山吉宏厩舎)だ。

JRA中山記念(G2)確信の「3点」勝負!「現場ネタ」が導く「究極の4頭」とはの画像1競馬つらつら」より

 前走の中山金杯(G3)では豪快な末脚を披露。トップハンデの58キロをものともせず、自身4度目の重賞制覇を達成した。陣営は「これからの活躍が楽しみ」とコメント。5歳となり「本格化を迎えた」と考えていいだろう。

 稽古で抜群の走りを見せているように、状態面にも不安は感じられない。追い切りに騎乗した松岡正海騎手も「自分の想像の上を行っている」「急激に良くなった」と絶賛。今回も好走が期待できる。

 中山コースは7戦して「4勝・2着2回」と抜群の相性を誇る舞台。G1馬5頭という豪華メンバーが相手でも、この条件であれば無視することはできない。V2へ向け視界は良好だ。

「松岡は中山金杯の翌日、馬に蹴られて骨折したが復帰している。『この馬のために早期復帰を果たした』と言っても大袈裟ではないよ。ココへの意気込みの高さが感じられる。

充実している今であれば、中距離界の主役に躍り出てもおかしくはない。錚々たるメンバーが揃ったし、人気は集中しないはず。オイシイよね。狙わない理由がないよ」(競馬関係者)

「〇」には一昨年の秋華賞(G1)を制したディアドラ(牝5、栗東・橋田満厩舎)を指名した。

JRA中山記念(G2)確信の「3点」勝負!「現場ネタ」が導く「究極の4頭」とはの画像2競馬つらつら」より

 昨年はクイーンS(G3)と府中牝馬S(G2)を制覇。ドバイターフ(G1)3着、香港C(G1)2着と海外遠征で牡馬相手に好走するなど、競走馬として完成の域に達したという印象だ。

 鞍上は「3.1.2.0」と相性抜群のC.ルメール騎手。ドバイターフでリベンジを果たすためにも、ココは落とせない1戦だ。

JRA中山記念(G2)確信の「3点」勝負!「現場ネタ」が導く「究極の4頭」とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合