NEW

【弥生賞(G2)展望】皐月賞を睨み「重賞2勝」ニシノデイジーVS「大器」ラストドラフト激突! 王道トライアルを制すのは……

【この記事のキーワード】, , ,
【弥生賞(G2)展望】の画像1

 3歳クラシックが迫ってきた。3月3日、中山競馬場で皐月賞トライアル弥生賞(G2、芝2000メートル)が行われる。レースを展望しよう。

 1月、中山競馬場で行われた京成杯(G3、芝2000メートル)を優勝したのがラストドラフト(牡3歳、美浦・戸田博文厩舎)。昨年11月、府中の新馬戦(芝1800メートル)を1番人気で優勝、1勝馬の身での重賞挑戦だった。新馬戦は5番手からそつのないレースで勝ったもので、特に目立つものではなかった。そのため、新馬戦に引き続きC.ルメールの騎乗だったとはいえ、それほど高い評価は得られず4番人気だった。

 しかし、レースでは驚くほどの成長を見せた。ポンとゲートを飛び出すと先頭に立ち、1コーナーで内を回ったカテドラルにハナを譲ると、そのまま2番手の競馬。直線に入って先頭を奪うと、エアグルーヴの孫である良血ランフォザローゼスに1馬身1/4差をつけて押し切る。新星誕生の瞬間だった。レース後、戸田博文調教師「今後は王道でいくしかないと思っています」とコメントした。

 母は2011年の桜花賞馬マルセリーナという良血だが、特筆すべきは父ノヴェリスト。キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス(G1、2400メートル)をレコードで優勝したドイツの歴史的名馬だ。引退後、社台スタリオンステーションで供用され、2017年に初産駒がデビューした。期待はされたものの活躍馬を出せず、種牡馬としては失敗と思われていた。ところがラストドラフトの登場で再注目されることになった。ときたま超大物を出す一発屋の種牡馬かもしれない。

 ラストドラフトにとって、この弥生賞は本番の皐月賞(G1、芝2000メートル)でも通用するかどうかが試される試金石となる。

【弥生賞(G2)展望】皐月賞を睨み「重賞2勝」ニシノデイジーVS「大器」ラストドラフト激突! 王道トライアルを制すのは……のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  2. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  3. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  4. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  5. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  6. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  7. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  8. JRA M.デムーロで「必勝態勢」春二冠女王と接戦を演じた実力馬が7番人気の珍事!? 1勝クラスで当然の勝利も、何故「10万馬券」決着となったのか
  9. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  10. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々