NEW

【弥生賞(G2)展望】皐月賞を睨み「重賞2勝」ニシノデイジーVS「大器」ラストドラフト激突! 王道トライアルを制すのは……

【この記事のキーワード】, , ,
【弥生賞(G2)展望】の画像2

 札幌2歳S(G3、芝1800メートル)と東スポ杯2歳S(G3、芝1800メートル)を連勝したのがニシノデイジー(牡3歳、美浦・高木登厩舎)。

どちらのレースでも評価は低かったが、それを覆す強い勝ち方で、レースレベルも高かった。札幌2歳Sの3着馬クラージュゲリエは後に京都2歳S(G3、芝2000メートル)を優勝、東スポ杯2歳Sの4着馬ヴェロックスは出世レースとして知られる若駒S(オープン、芝2000メートル)を快勝している。

 ホープフルS(G1、芝2000メートル)ではさすがに高い能力を評価され人気になった。それでも、日米オークスを制したシーザリオを母に持つ超良血サートゥルナーリアが1番人気、未勝利と500万下特別を連勝、鞍上C.ルメール騎手のジャスタウェイ産駒アドマイヤジャスタが2番人気で、ニシノデイジーは3番人気だった。結果は人気通りの決着で3着に敗れた。ただし、前が詰まる不利もあった。高木登調教師と勝浦正樹騎手は年明けの巻き返しを誓った。

 重賞2勝馬ではあるが派手な勝ち方をしたことがないので、どうしても人気になりにくい馬。とはいっても父は年を経るに連れ存在感を増すハービンジャー、3代母は桜花賞馬ニシノフラワー。西山軍団が送り出す精鋭だ。ここを勝って、皐月賞で再びサートゥルナーリアに挑戦したい。

【弥生賞(G2)展望】皐月賞を睨み「重賞2勝」ニシノデイジーVS「大器」ラストドラフト激突! 王道トライアルを制すのは……のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合