NEW

JRA「WIN5」歴代最高4億7180万9030円の主役は「史上最弱」外国人騎手!? F.ブロンデルが「帰国最終日」に大仕事!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA「WIN5」歴代最高4億7180万9030円の主役は「史上最弱」外国人騎手!? F.ブロンデルが「帰国最終日」に大仕事!の画像1

 春競馬の開幕に歴史的な超高配当が飛び出した。

 24日、阪神で阪急杯(G3)、中山で中山記念(G2)が行われたこの日、これらを対象レースとしたWIN5が4億7180万9030円という超高配当を記録。これまでの記録4億2012万7890円を上回り、歴代最高配当となった。

 1レース目のすみれS(OP)は2番人気のサトノルークスが勝利したものの、ホープフルS(G1)の2着馬で単勝1.5倍に推されていたアドマイヤジャスタが敗れるという”波乱”のスタート。

 さらに2レース目のブラッドストーンS(1600万下)では、単勝140.1倍という16頭中15番人気だったブラックジョーが勝利。

 鞍上は来日後、苦しみに苦しみ、一部のファンから「史上最弱外国人騎手」とまで揶揄されていたF.ブロンデル騎手。昨日、通算59戦目にして待望の日本初勝利を上げたばかりで、今週が日本ラストウィークだったが、最終日に”大仕事”をやってのけた。

 これによって的中票は1,541,364票から4,784票まで激減している。

 続く3レース目も14頭中12番人気だったメイソンジュニアが勝つという大波乱の結果。これで的中票が164票まで絞り込まれ、高配当はほぼ確実なものとなった。

 だが、この日はこれだけ終わらない。

 4レース目の阪急杯(G3)で11番人気のスマートオーディンが、まさかの復活勝利。2016年には重賞を連勝しクラシック候補に挙げられていた大器が、初の1400mでいきなり豪脚を復活させた。これにより的中票は5票まで減少……いよいよ、昨年末以来のキャリーオーバーの可能性も高まってきた。

 結局、5レース目の中山記念ではウインブライトがG1馬5頭を破る快挙で重賞連勝。最後の1票が的中し、WIN5は4億7180万9030円という歴代最高配当を記録した。的中した方、本当におめでとうございます!

JRA「WIN5」歴代最高4億7180万9030円の主役は「史上最弱」外国人騎手!? F.ブロンデルが「帰国最終日」に大仕事!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!