NEW

JRA「重賞100勝」中山の覇者ステイゴールドの「凄さ」歴史的名種牡馬たちに並ぶ

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA「重賞100勝」中山の覇者ステイゴールドの「凄さ」歴史的名種牡馬たちに並ぶの画像1

 24日に開催された中山記念(G2)は、松岡正海騎手のウインブライト(牡5歳、美浦・畠山吉宏厩舎)が優勝。昨年に続き、連覇を達成した。

 レースは戦前の予想通り、マルターズアポジーがハナを奪いスタート。5番人気に支持されていたウインブライトは好位4番手につけて競馬を展開する。4角手前からラッキーライラックが仕掛けて先頭に立つも、ウインブライトが外から長く伸びる脚を使い、ゴール前で差し切り勝ち。2019年、重賞2連勝を飾っている。

 レース後、長らく主戦を務める松岡騎手は「走れる体になって成長しています」と相棒の成長ぶりを語る。さらに「この馬でG1を勝ちたいと思ってずっとやってきているので、なんとか今年は達成したいなと思っています」と悲願のG1獲りに向けて気合いを全面に出していた。今後、ウインブライトは昨年12着に終わった大阪杯か、香港遠征を目標に調整されるという。

 ラッキーライラックやエポカドーロ、ステルヴィオなどG1馬が5頭集結し、異例の注目を集めた中山記念。その1戦は、名うての中山巧者が見事に制する形に終わった。そしてこのウインブライトが勝利したことで、父馬のステイゴールドは史上5頭目となる産駒の「JRA重賞100勝」を達成している。

 これは311勝をあげたサンデーサイレンス、192勝のディープインパクト、戦後初のJRAクラシック三冠を達成したシンザンの父であるヒンドスタン(113勝)、そしてキングカメハメハ(111勝)に次ぐ史上5位の記録となる。

JRA「重賞100勝」中山の覇者ステイゴールドの「凄さ」歴史的名種牡馬たちに並ぶのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!