NEW

武豊「牡馬クラシック候補」が深刻......!? 弥生賞(G2)サトノラディウスに騎乗も「トーンが低い」理由

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
武豊「牡馬クラシック候補」が深刻......!? 弥生賞(G2)サトノラディウスに騎乗も「トーンが低い」理由の画像1


 先週、C.ルメール騎手が5勝を上げて並ばれたものの依然、最多勝をキープしている武豊騎手。

 だが、好調なリーディング争いをよそに、今年の牡馬クラシックを戦う上で「これ」といった存在がいない点は気になるところだ。

「現段階で今年の牡馬クラシックで、武豊騎手の筆頭候補は若葉S(OP)に出走を予定しているワールドプレミアでしょうか。この間のつばき賞(500万下)もいい勝ち方でした。ただ、この馬は若葉Sで出走権を獲らなければなりません。

また、京都2歳S(G3)を勝ったクラージュゲリエが、武豊騎手で共同通信杯(G3)に挑んで3着。賞金面で余裕のある存在とはいえ、レースでは勝ったダノンキングリーや2着のアドマイヤマーズに4馬身差の完敗と評価が急落しています」(競馬記者)

 そんな武豊騎手にとって、3月3日に中山競馬場で行われる弥生賞(G2)は、皐月賞(G1)の王道トライアルという意味でも重要な一戦になるはずだ。

 騎乗するのは梅花賞(500万下)を勝ったサトノラディウス(牡3歳、美浦・国枝栄厩舎)。

 ディープインパクトやヴィクトワールピサなど、歴代最多の弥生賞7勝を誇る武豊騎手にとっても、ここで出走権を掴めば胸を張って皐月賞に挑むことができるだけに当然期待が掛かる。

 だが、陣営のトーンがそこまで高くないのは気になるところだ。

武豊「牡馬クラシック候補」が深刻......!? 弥生賞(G2)サトノラディウスに騎乗も「トーンが低い」理由のページです。GJは、競馬、サトノラディウスワールドプレミア弥生賞武豊の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!