NEW

JRA丸山元気「ムチ叩きまくり」ステルヴィオかわいそう!? 3着も「叩く前にやること」が……

【この記事のキーワード】, ,
JRA丸山元気「ムチ叩きまくり」ステルヴィオかわいそう!? 3着も「叩く前にやること」が......の画像1

 24日の中山記念は中山巧者のウインブライトが優勝。2着には復帰戦で牡馬相手に好走したラッキーライラックが入り、丸山元気騎手との新コンビで注目されたステルヴィオ(牡4歳、美浦・木村哲也厩舎)は3着に終わった。

 2番人気に支持されたステルヴィオは5番手追走。4角で外に出されると、最後の直線では丸山騎手が猛然と振るうムチに応えるかのように、上がり最速タイ33.5秒の脚で先頭に襲いかかる。だが、わずかに届かず、タイム差なしの3着に終わっていた。

 レース後、丸山騎手はハイペースだったと語り、「もう少し抱えるところが欲しかった」と振り返る。そして「最初は突き抜けるくらいの手応え」だったものの「坂を上ってから脚いろが同じになりました」と語った。

 テン乗りで、ステルヴィオのもっとも実績のあるマイルから200mの延長だったにもかかわらず、馬券圏内には持ってきた丸山騎手。一定の結果を残したと見る向きもあるが、一部からは批判の声が上がっているという。

「丸山騎手にはレース後、JRAから最後の直線コースで戒告、ムチを使いすぎていると指摘されています。ファンからも『やりすぎ』『ムチ入れすぎ』の声が上がっていました。勝ちたいという気持ちが全面的に出てしまったため、ついつい多めに叩いてしまったのでしょうが、やりすぎはやはり禁物ですよ」(競馬誌ライター)

JRA丸山元気「ムチ叩きまくり」ステルヴィオかわいそう!? 3着も「叩く前にやること」が……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「それが全て」異例の発走遅れでウォーターナビレラ轟沈……幸四郎の“神判断”も台無しに。あまりに大きい桜花賞「ハナ差」の代償
  2. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA川田将雅「一人負け」に高配当ゲットの秘訣!? 相乗効果で浮上する日本ダービー(G1)想定「10番人気」の激穴馬
  4. JRA全面協力アニメ『群青のファンファーレ』が大コケ!? 『ウマ娘』の対抗馬として4月からスタートも、「話題」を殆ど耳にしないワケ
  5. JRA福永祐一が語ったM.デムーロ「致命的トラウマ」。オークス(G1)1番人気サークルオブライフ12着大敗に「これがあるから軸にできない」
  6. JRA【日本ダービー(G1)展望】イクイノックスVSダノンベルーガVSドウデュースVSジオグリフ! 3歳牡馬「四天王」が競馬の祭典で激突!
  7. JRA川田将雅「オウンゴール」が呼んだ皮肉な結末、母馬への想いも明暗…復活のC.ルメール「来週イクイノックスで頑張ります」
  8. JRA【オークス(G1)予想】川田将雅×アートハウスは断然の消し! ◎は本命視されているアノ馬ではなく、買うだけの理由がある穴馬!
  9. JRA【目黒記念(G2)展望】「落馬カラ馬」シルヴァーソニック×川田将雅VS「調教放馬」アリストテレス×武豊! アクシデント乗り越えた2頭が初顔合わせ!
  10. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇