NEW

JRA弥生賞(G2)「穴に一考」ブレイキングドーン。福永祐一、陣営の「選択」は

【この記事のキーワード】, , ,
JRA弥生賞(G2)「穴に一考」ブレイキングドーン。福永祐一、陣営の「選択」はの画像1

 3月3日に行われる弥生賞(G2、芝2000メートル)に重賞2着の実績があるブレイキングドーン(牡3歳、栗東・中竹和也厩舎)が出走する。馬券になってくれる伏兵なのだろうか。

 ブレイキングドーンの戦歴を振り返るとき、まず注目すべきは新馬戦。昨年6月、阪神競馬場で早々とデビュー戦を迎えた。レースではいいスタートを切って、逃げるモサの2番手につける。かかっているわけではないが前向きな走りで、いつでも前を交わせる勢い。鞍上の福永祐一騎手は4コーナー手前からスパートを開始、先頭に立つとそのまま押し切った。

 なんと単勝オッズ50.6倍だった。1番人気はセレクトセールで約2億円で落札されたホウオウライジン。ディープインパクトやレイデオロの近親だ。2番人気はジャスタウェイの初年度産駒の中でかなり高く評価されていたアドマイヤジャスタ。2着に上がってきたのはアドマイヤジャスタだったが、後のホープフルS(G1、芝2000メートル)で2着となる馬に3馬身差をつけた。

 2戦目に選択したのが10月、京都の萩S(オープン、芝1800メートル)。果敢にも超大物と評判の高いサートゥルナーリアとの対戦に挑んだが、放馬してしまい競走除外。実質的な2戦目として11月の京都2歳S(G3、芝2000メートル)で重賞に挑戦した。直線では鞍上J.モレイラ騎手の1番人気クラージュゲリエとの叩き合いとなったが、半馬身差の2着に敗れた。福永騎手は「トップクラスでやれるメドも十分立ったと思います」とコメント。馬の将来性に期待した。

 陣営はブレイキングドーンを高く評価。次走に暮れのホープフルSを選択。萩Sでお流れになったサートゥルナーリアとの対決が実現した。中竹和也調教師は「能力は高いと感じている」と語り、福永騎手も「いい方向に成長している。一瞬の切れというより、長くいい脚を使えるタイプ。パワーもある」とG1でもやれる自信をのぞかせた。

 レースでは福永騎手は1番人気のサートゥルナーリアと2番人気のアドマイヤジャスタの後ろを確保。4コーナーでアドマイヤジャスタに並びかけるが、直線に向いても差はなかなか詰まらない。両頭の間をサートゥルナーリアが強引に割ってきたときブレイキングドーンは力尽きて5着に敗れた。サートゥルナーリアはもとより、新馬戦で3馬身差をつけたアドマイヤジャスタにも歯が立たなかった。

 ホープフルSのレース振りを見れば切れがないのは明らかだ。しかし、京都2歳Sでもここでも4コーナーでは先頭に並びかけている。高いスピード能力がなければできることではない。もちろん、新馬戦は2番手からの競馬で圧勝している。ただし、そのスピード能力はパワーが要求される持続力勝負でこそ発揮されるということだ。実際、新馬戦は力のいる稍重だった。

JRA弥生賞(G2)「穴に一考」ブレイキングドーン。福永祐一、陣営の「選択」はのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA川田将雅「一人負け」に高配当ゲットの秘訣!? 相乗効果で浮上する日本ダービー(G1)想定「10番人気」の激穴馬
  2. JRA武豊「それが全て」異例の発走遅れでウォーターナビレラ轟沈……幸四郎の“神判断”も台無しに。あまりに大きい桜花賞「ハナ差」の代償
  3. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇
  5. オークス(G1)元JRA安藤勝己氏も苦言を呈した「最長」遅延の裏側…G1初騎乗ジョッキーが「顔面蒼白」となった衝撃の後ろ蹴り
  6. JRA福永祐一が語ったM.デムーロ「致命的トラウマ」。オークス(G1)1番人気サークルオブライフ12着大敗に「これがあるから軸にできない」
  7. JRA全面協力アニメ『群青のファンファーレ』が大コケ!? 『ウマ娘』の対抗馬として4月からスタートも、「話題」を殆ど耳にしないワケ
  8. 元JRA藤田伸二氏「ちょっとないな」アートハウス川田将雅をバッサリ…「直線向くまで200点騎乗」と評価も手痛いダメ出し
  9. JRA武豊「後方待機」連発にファンから不満も…日本ダービー(G1)ドウデュースの選択はキズナの再現が濃厚?
  10. JRA【日本ダービー(G1)展望】イクイノックスVSダノンベルーガVSドウデュースVSジオグリフ! 3歳牡馬「四天王」が競馬の祭典で激突!