NEW

JRA弥生賞(G2)「穴に一考」ブレイキングドーン。福永祐一、陣営の「選択」は

【この記事のキーワード】, , ,

 弥生賞は皐月賞(G1、芝2000メートル)と同舞台とはいえ、皐月賞と異なりスローペースになりやすい。すでに同舞台のスローペースはホープフルSで経験し、結果は出せなかった。どうすればいいのだろうか。スポニチの取材によると陣営からは「レースはある程度流れてほしいね」「超一線級相手に切れ味勝負じゃ分が悪い感じ。前で押し切る競馬を」といった声が聞こえてくる。

 新馬戦のように4コーナー手前から動く、あるいはもっと早目にまくってしまうような競馬がいいのかもしれない。それは陣営と福永騎手の判断だが、パワー勝負になれば弥生賞でも面白い存在だ。しかし、むしろ中山2連続開催の最終日に行われる皐月賞でこそ狙うべきだろうか。ペースも流れるし、馬場も傷んでくる。

 一度穴を開けた馬の名前は覚えておきたい。凡走続きでも自分の条件に合うレースではまた穴を開けるからだ。ブレイキングドーンを買うべきは、レースが流れるパワー勝負、馬場が荒れたタフなレースだろう。

JRA弥生賞(G2)「穴に一考」ブレイキングドーン。福永祐一、陣営の「選択」はのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  4. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技
  5. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  6. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  7. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  8. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  9. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  10. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか