GJ > 競馬ニュース > 「ほぼG1」金鯱賞  > 2ページ目
NEW

JRA「ほぼG1」金鯱賞(G2)メンツが激アツ! G1馬多数出走に「開花」エアウィンザー&「復活」ダノンプレミアム!

【この記事のキーワード】, ,
JRA「ほぼG1」金鯱賞(G2)メンツが激アツ! G1馬多数出走に「開花」エアウィンザー&「復活」ダノンプレミアム!の画像4

 一昨年のエリザベス女王杯覇者・モズカッチャン(牝5歳、栗東・鮫島一歩厩舎)は、ここで復活を印象づけたい。

 モズカッチャンは昨年、連覇が期待され、1番人気に支持されたエリザベス女王杯で3着。勝利したリスグラシューからは0.5秒差、3馬身以上をつけられて完敗を喫していた。その後、有馬記念に向かうも4番人気ながら8着。明確な結果を残せないでいた。

 今回からデムーロ騎手とのコンビを解消し、オークスで2着に入った和田竜二騎手と約1年10カ月ぶりにコンビを再結成。出直しの1戦で、結果を出すことができるのかが注目される。

JRA「ほぼG1」金鯱賞(G2)メンツが激アツ! G1馬多数出走に「開花」エアウィンザー&「復活」ダノンプレミアム!の画像5

 そして有力視されているのはG1勝利馬だけではない。遅れてきた素質馬エアウィンザー(牡5歳、栗東・角居勝彦厩舎)は、ここで大金星を狙いたい。

 これまで勝ち負けを繰り返していたが、昨年覚醒。条件戦を駆け上がり、暮れにはダンビュライト、レイエンダら実績上位の馬たちが出走したチャレンジCで、後続に3馬身差をつけて快勝。重賞戦線に名乗りをあげた。

 今回は母馬エアメサイア、さらにその産駒にも多く騎乗している武豊騎手に手綱を戻して参戦予定。ここでも実績上位馬を押しのけて、続くG1競走に弾みをつける走りを見せたい。

JRA「ほぼG1」金鯱賞(G2)メンツが激アツ! G1馬多数出走に「開花」エアウィンザー&「復活」ダノンプレミアム!の画像6

 ここで再度実力を知らしめたいのはダノンプレミアム(牡4歳、栗東・中内田充正厩舎)だ。

 2歳王者に輝き、昨年のクラシック候補最右翼にあげられていたダノンプレミアム。だが、皐月賞をザ石で回避。日本ダービーは徹底マークの前に屈し6着に終わる。秋は古馬に挑む予定だったものの、こちらも回避。シーズンを終えてしまった。

 今回が古馬と初顔合わせになるが、2週前追い切りでは主戦の川田将雅騎手が背にまたがり、6F81.4秒、ラスト11.7秒を記録。順調に稽古をこなしているようだ。復帰戦をいい形で飾ることはできるのだろうか。

JRA「ほぼG1」金鯱賞(G2)メンツが激アツ! G1馬多数出走に「開花」エアウィンザー&「復活」ダノンプレミアム!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  4. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技
  5. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  6. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  7. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  8. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  9. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  10. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか