NEW

JRA高松宮記念「美浦有力情報」藤田菜七子スノードラゴンに意外な「声」が......

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今週末に開催される高松宮記念(G1)。キンシャサノキセキ、カレンチャン、ロードカナロアなど名スプリンターが歴代優勝馬に名を連ねている。この春のスプリント王決定戦を前に各陣営は日夜、出走馬の馬体調整に余念がない。そんな慌ただしい日々を送る関係者たちから【美浦の有力情報】が届けられた。この中からピックアップした、注目すべき出走馬をご紹介しよう。

 まずは一昨年の高松宮記念覇者・セイウンコウセイ(牡6歳、美浦・上原博之厩舎)から。

JRA高松宮記念「美浦有力情報」藤田菜七子スノードラゴンに意外な「声」が......の画像1
※セイウンコウセイ/『JBISサーチ』より

 2年前は5番人気ながら好位から力強く抜け出して完勝。このままスプリント界を引っ張る存在になるかと思いきや、3番人気に支持されたスプリンターズS(G1)で11着に惨敗するなど低迷。昨年、函館スプリントS(G3)で1年以上ぶりに勝利をあげ、ここから巻き返すことも期待されたものの、その後スプリンターズSで12着、ダートスプリントのJBCスプリントで14着。今年の始動戦となるシルクロードS(G3)も15着とスランプから脱出することができないでいる。

「前走はブリンカーが効き過ぎました。馬がやる気になりすぎて、逃げたものの最後まで脚が持たず、自滅に近い負け方だったように思います。なので今回は外してレースに挑むようです。

 中間は6ハロンから乗って息を作る調整をしていたみたいです。最終追い切りだけは馬がとぼけないように気合を入れて、南ウッドを単走で69.3秒、ラスト12.5秒を記録。スタッフも『状態はすごくいい』と太鼓判を押していました。展開が向けば上位進出もありえるのでは?」(美浦担当記者A)

 今回は、高松宮記念を制したときに騎乗していた幸英明騎手とコンビを再結成。2017年の再現なるか。

JRA高松宮記念「美浦有力情報」藤田菜七子スノードラゴンに意外な「声」が......のページです。GJは、競馬、美浦藤田菜七子高松宮記念の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!