NEW

【ドバイ2019展望】最強女王アーモンドアイ「世界へ」ついに始動! 武豊マテラスカイ、レイデオロら日本勢VS世界の強豪に注目!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【ドバイ2019展望】最強女王アーモンドアイ「世界へ」ついに始動! 武豊マテラスカイ、レイデオロら日本勢VS世界の強豪に注目!!の画像1

 30日、ドバイのメイダン競馬場でダート世界王者を決めるドバイワールドカップ(G1)を始めとしたドバイミーティングが開催される。

 昨年は残念ながら日本馬の勝利を見ることができなかったが、今年は例年以上の豪華メンバーが参戦。日本の競馬ファンからも熱い視線が注がること間違いなしだ。

 今年の注目は、なんといっても昨年の年度代表馬アーモンドアイ(牝4歳、美浦・国枝栄厩舎)が出走するドバイターフ(G1)だろう。日本はもちろん世界からも大きな注目を集める2019年の始動戦となる。

 昨年、史上5頭目となる牝馬三冠を圧倒的なパフォーマンスで達成しただけでなく、ジャパンC(G1)では驚異の世界レコードで歴戦の古馬を撃破。2000年のテイエムオペラオー以来となる満票での年度代表馬選出など、アーモンドアイはすでに名実ともに「日本最強馬」と称して差し支えない存在だ。

 ノーザンファーム天栄から帰厩後、主戦のC.ルメール騎手が何度も美浦に駆けつけて入念な調整。その甲斐もあってか、主戦騎手も「すごく良い。現時点では何も文句をつけるところはありません」と手応え。「調子が良ければ、僕がミスをしない限り、負けないと思います」と絶対的な自信を示している。

 まだ未確定ながら、秋にはフランスの凱旋門賞(G1)挑戦プランも浮上しているアーモンドアイ。当レースを連覇中の世界女王エネイブルとの直接対決の日まで、負けるわけにはいかない。

 さらに日本からは昨年の2着馬ヴィブロス(牝6歳、栗東・友道康夫厩舎)、3着馬ディアドラ(牝5歳、栗東・橋田満厩舎)もエントリー。

【ドバイ2019展望】最強女王アーモンドアイ「世界へ」ついに始動! 武豊マテラスカイ、レイデオロら日本勢VS世界の強豪に注目!!の画像2

 前者は昨年の香港マイル(G1)2着からの参戦であり、ここが引退レースとなるようだ。後者は昨年の香港C(G1)で2着と力は見せたが、始動戦の中山記念(G2)では6着と人気を裏切った。適性のある舞台での巻き返しに注目だ。

 舞台適性といえば、地元のドリームキャッスル(セン5歳、首・S.ビン・スルール厩舎)はとにかく不気味な存在だ。

 今年になってドバイターフと同じメイダン競馬場の芝1800mを使われて3連勝。特に前哨戦となったジェベルハッタ(G1)では、豪快な大外一気でG1初制覇を飾るなど勢いはNo.1。日本馬にとっても強敵になりそうだ。

 他にもジェベルハッタで2着だったウートン、昨年のクイーンエリザベス2世S(G1)で2着したアイキャンフライ、セントジェームズパレスS(G1)の覇者ウィズアウトパロール、香港の雄サザンレジェンドなども出走予定。アーモンドアイ中心なのは間違いないが、ライバルたちも虎視眈々だ。

【ドバイ2019展望】最強女王アーモンドアイ「世界へ」ついに始動! 武豊マテラスカイ、レイデオロら日本勢VS世界の強豪に注目!!のページです。GJは、競馬、アーモンドアイドバイマテラスカイレイデオロ武豊の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!