NEW

JRA「逆襲」スワーヴリチャードが宿敵レイデオロとドバイSCで激突! 「中山記念敗退」も前向きな理由

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA「逆襲」スワーヴリチャードが宿敵レイデオロとドバイSCで激突! 「中山記念敗退」も前向きな理由の画像1

 31日に開催されるドバイシーマクラシック(G1、芝2410メートル)に日本のG1馬3頭が参戦する。スワーヴリチャード(牡5歳、栗東・庄野靖志厩舎)は昨秋の雪辱をドバイで果たせるのだろうか。

 昨年、大阪杯(G1、芝2000メートル)でG1初制覇を達成、さらなる飛躍が期待されたスワーヴリチャードだったが、大阪杯以降なんの結果も残せなかった。距離適性が疑問視された安田記念(G1、芝1600メートル)の3着は好走だったとも言える。しかし、府中の2000メートルならば一番強いのはこの馬と目され1番人気に支持された天皇賞・秋(G1、芝2000メートル)は10着の惨敗。

 M.デムーロ騎手はレース後「スタートでぶつかって、それで終わりでした」「今日は久々で気持ちがなかった」とコメント。庄野靖志調教師は「気持ちが切れてしまったようですね」と分析。休み明けに脆いことと気性面の問題が露呈した。

 ジャパンC(G1、芝2400メートル)ではキセキが逃げ、アーモンドアイが2番手につけたため、鞍上M.デムーロ騎手はアーモンドが見える4、5番手を選択。直線に向くとアーモンドアイとともに進撃を開始。ほんの一瞬、アーモンドアイに追いつけるかとも見えたが、みるみる差は広がっていく。アーモンドアイから5馬身以上離された3着が精一杯だった。

 M.デムーロ騎手は「よく頑張りました。状態はだいぶ良くなっていて、良い走りをしてくれました」と語り、庄野調教師も「前走は本来の姿を見せられませんでしたが、今日は勝ち馬をマークしてよく頑張っていたと思います」とスワーヴリチャードの走りを評価した。しかし、宿敵レイデオロを破って牡馬チャンピオンの座に就く大目標は今年に持ち越されてしまった。

JRA「逆襲」スワーヴリチャードが宿敵レイデオロとドバイSCで激突! 「中山記念敗退」も前向きな理由のページです。GJは、競馬、JRAスワーヴリチャードドバイレイデオロの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!