NEW

パチスロ『ジャグラー』メーカー6号機が始動!「爆裂ハイビスカス」と「王者・最新作」デビュー!!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 国民的パチスロ『ジャグラー』で知られる北電子の初6号機が、ついにホールへ登場だ。スペックは新規則に相応しい「シナリオ管理型AT」となっている。

 同日には人気シリーズの最新作『ゴーゴージャグラー2』も導入予定。こちらも反響が寄せられそうな気配だ。

『マイフラワー30』(北電子)

4月8日導入予定

パチスロ『ジャグラー』メーカー6号機が始動!「爆裂ハイビスカス」と「王者・最新作」デビュー!! の画像1北電子HP」より

 初当り合成確率は約1/160~約1/210。ハイビスカスが光ればボーナスという完全告知機で、そのタイミングは「レバーON時」「第3停止時」「次ゲームBET時」「次ゲームレバーON時」となっている。

 ボーナスは約180枚獲得できる「赤7揃い」「白7揃い」と、約60枚獲得できる「7・7・BAR」の3種類。ボーナス後に突入する32Gのチャンスゾーンで、連チャンを狙うというゲーム性だ。

『沖ドキ!』で人気を博した沖スロATと、告知マシンで高い実績を持つ北電子のタッグは支持を得られるのだろうか。ヒットメーカー初6号機の動向に注目したい。

『ゴーゴージャグラー2』(北電子)

>4月8日導入予定

パチスロ『ジャグラー』メーカー6号機が始動!「爆裂ハイビスカス」と「王者・最新作」デビュー!! の画像2北電子HP」より

「あたたかさとやさしさ」「溢れる輝きそのままに」をテーマにした『ゴーゴージャグラー』。シリーズ2作目は、5.9号機のAタイプとして登場だ。

 スペックは前作を踏襲したボーナス特化タイプ。1/154.9~1/121.4と、設定1でも大当りを感じやすい仕上がりとなっている。これまでと変わらない楽しみ方ができるだろう。

 演出面には新要素が追加。リール始動時が通常よりも遅くなる「リールスロー演出」や、一瞬だけGOGOランプが120%で光り輝く「きらめき点灯」、第3停止ボタンを押している間に「ツノっち」が徐々に浮き上がる「隠れツノっち」など、これまでとは違った魅力が搭載されている。

パチスロ『ジャグラー』メーカー6号機が始動!「爆裂ハイビスカス」と「王者・最新作」デビュー!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!