NEW

JRA大阪杯「耳寄り情報」!! キセキら西の実力派が虎視眈々と上位進出を狙う

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今週末に開催される大阪杯(G1)。今年はG1馬が8頭も集結するとあって、大いに注目を集めている。そのレースに出走する馬たちの【耳寄りな情報】がもたらされた。今回はその情報をお届けしよう。

JRA大阪杯「耳寄り情報」!! キセキら西の実力派が虎視眈々と上位進出を狙うの画像1

「自分のリズムで走れれば好走は可能」と関係者も期待を寄せるのはキセキ(牡5歳、栗東・角居勝彦厩舎)。

 昨年、川田将雅騎手とコンビを組むと逃げ馬として覚醒。昨秋、天皇賞・秋では勝ち馬レイデオロから0.2秒差の3着、ジャパンカップではアーモンドアイに次ぐ2着、有馬記念で5着とG1競走を3戦していずれも掲示板を外さない安定感ある走りを披露している。

「最終追い切りはCWで5F68.2秒、ラスト11.7秒。スタッフは『先週にビシッと追ったし、動きが良かったので、今週は反応を確かめる程度』と話していて状態は良さそうでした。

 鞍上を務める川田騎手も、現在リーディングトップにいるなど好調の様子。昨年から惜しい競馬が続いているので、そろそろ勝利をつかみたいところでしょう」(栗東関係者A)

 菊花賞以来の勝利をあげることができるだろうか?

JRA大阪杯「耳寄り情報」!! キセキら西の実力派が虎視眈々と上位進出を狙うの画像2

 巻き返しが期待されているエポカドーロ(牡4歳、栗東・藤原英昭厩舎)。

 皐月賞(G1)を制し、日本ダービー(G1)では2着と、春のクラシックでは好走。だが菊花賞(G1)を8着で終えると、今年の中山記念(G2)も5着と低迷。大阪杯で好走して上昇気流に乗りたいところだが、「中山記念が絶好の形だっただけに、物足りなさが残ります」(栗東関係者B)と、テンションは上がらない。

 さらに「3歳時から大きな変化がないんですよね」と本馬を評し、「母系も早熟で底力が劣る印象。今回の1ハロン延長もプラスとは言えません」と弱気な一面を覗かせる。

「他よりリードしているのは順調度だけ」とのことだが、果たして……?

JRA大阪杯「耳寄り情報」!! キセキら西の実力派が虎視眈々と上位進出を狙うのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!