NEW

パチンコ史に残る「伝説スペック」が蘇る!? 累計20万台の「超ヒットマシン」に朗報が?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチンコ史に残る「伝説スペック」が蘇る!? 累計20万台の「超ヒットマシン」に朗報が?の画像1


 多くのパチンコファンが待ち望んでいたに違いないはずだ。

 昨年12月にリリースされ、現在も高稼働中の『CRぱちんこ AKB48‐3 誇りの丘』(京楽産業.)。

 スペックは大当り確率約1/319の確変ループタイプでありながら、小当りRUSHと2400発(16R)が連鎖する強力な特化ゾーンを搭載するなど、一撃万発も容易なスペックを実現している。射幸性を求めるプレイヤーも納得の仕上りだ。

 しかし、この仕様を誰もが望んでいたわけではないだろう。特に歴代の「シリーズ機」を愛したファンにとっては尚更といえる。

「これまでの『AKB48』シリーズはライトミドルかつ出玉感も得られやすい絶妙なスペックでしたが、3代目の『誇りの丘』からシリーズ初の『ミドルタイプ』にして初の『小当りRUSH搭載機』となりましたね。

ミドルタイプの爆発力はシリーズ最高峰に違いありませんが、やはりライトミドル以上に投資金額がかさみやすく、ミドルという時点で敬遠するプレイヤーは多いと思いますよ。今作からは歴代シリーズ機ほどの勢いが感じられない印象です」(記者)

 ライトミドルが残した功績は目を見張るものがあった。累計の売り上げ台数は20万台を超え、パチンコ史に残る大ヒット機種となったのである。その圧倒的な人気は述べるまでもないだろう。そのような意味でも、前機種を惜しむファンは多いが......。

パチンコ史に残る「伝説スペック」が蘇る!? 累計20万台の「超ヒットマシン」に朗報が?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、パチンコライトミドル京楽産業の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!