NEW

JRA藤田菜七子に中堅騎手「悲鳴」多々! 減量特典開始で「スカスカお手上げ」実情

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA藤田菜七子に中堅騎手「悲鳴」多々! 減量特典開始で「スカスカお手上げ」実情の画像1

 今週末からJRAの女性騎手に対する減量特典制度が導入される。これまでは免許の通算取得期間が5年未満の騎手は男女問わず、『-3キロ』からスタート。それ以後31勝~50勝以下は『-2キロ』、51勝~100勝以下は『-1キロ』での出走となっていた。

 ところがこの減量特典制度で女性騎手は斤量が『-4キロ』から始まり、50勝以上で『-3キロ』、101勝すれば『-2キロ』での出走となり、以後これが勝利数や期間に関係なく永続的に続くことになる。

 藤田菜七子騎手は昨年の12月から『-1キロ』で出走していた。だが、今週末この制度が適用されると、通算100勝するまでは斤量『-3キロ』で騎乗することができる。

 負担重量が軽くなれば有利になるのは言うまでもない。競馬界では、俗に1キロ違えば、1馬身、タイムにすると0秒2差違うとされている。そのため、軽斤量で出走できることになった菜々子騎手のもとには騎乗依頼が殺到しているという。

「菜々子騎手は、最初の壁となる通算31勝までは1年以上の時間を要しましたが、次の通算51勝は約半年で達成するなど比較的早くクリアしています。ですが、以後斤量が『-1キロ』になると目に見えてペースダウン。苦戦が続いていました。

 フェブラリーSでのコパノキッキングでの騎乗も現場では好意的に受け止められているなど、騎乗技術はデビュー当時からあがっているのは間違いありません。その彼女の斤量が『-3キロ』になるのだから、騎乗依頼が集まるのも当然ですよ。結局、この土日は減量恩恵がない特別戦も4鞍含まれていますが、計17鞍騎乗することになるとのことです」(競馬誌ライター)

 菜々子騎手にとって追い風が吹くことは間違いない。ただこの制度は男性若手、中堅の騎手にとっては逆風となって襲いかかると見られている。

JRA藤田菜七子に中堅騎手「悲鳴」多々! 減量特典開始で「スカスカお手上げ」実情のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!