NEW

パチンコ「奇跡の10万発」マシンに悲報!? 究極の「怪物パチンコ」に予期せぬウワサが......

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチンコ「奇跡の10万発」マシンに悲報!? 究極の「怪物パチンコ」に予期せぬウワサが......の画像1
 昨年、パチンコホールを大いに盛り上げた「1発台」。その中でも特に注目を集めたのが、名物メーカー・‎A-gonからリリースされた『CR RAIZINMAN』だろう。

 3段クルーンに連チャン性能を兼ね備え、かつてない爆発力を発揮した本機。獲得出玉「10万発オーバー」という信じがたい情報も上がるなど、一躍話題のマシンとなった。

 そんな中、同社は『RAIZINMAN』最新作を発表。「怪物マシン」がより遊びやすくなって帰ってくる。

『CR RAIZINMAN 2』

 基本的なゲーム性は前作と同様。まず、飛び込み口(ブッコミ)に玉を入れ、GOと書かれたヘソに入賞させると「7セグ」が回転する。奇数図柄が揃うと上段にあるアタッカーが開放し、そこに入った玉でV入賞(大当り)を目指す流れだ。

 本機最大のポイントは、より大当りを体感しやすくなった点。大当りを左右する「アタッカー開放率」が大幅にパワーアップ、との情報が上がっている。

「前作は小当り確率約1/5、77揃い(羽根開放7回)が約1/8に対し、最新作は小当り確率1/3、77揃いは『1/2』と言われています。大当りを目指す上で、クルーンへ大量に玉を送り込める『77揃い』は必要不可欠ですからね。

また、これまで苦手意識を持っていた方でも、この開放率であれば受け入れられそうな気もします。少ない投資で長く遊びたい人向けの仕様だと思います」(記者)

パチンコ「奇跡の10万発」マシンに悲報!? 究極の「怪物パチンコ」に予期せぬウワサが......のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、3段クルーンパチンコ一発台の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!