NEW

武豊「やる気なし」シェーングランツにガックリ!? チューリップ賞(G2)屈辱の”独走”に終わった最終追い切りの裏にある2年前の「大失態」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
武豊「やる気なし」シェーングランツにガックリ!? チューリップ賞(G2)屈辱の独走に終わった最終追い切りの裏にある2年前の「大失態」とはの画像1

 土曜日の重賞ながら2歳女王ダノンファンタジーの始動戦として、大きな注目を集めている今年のチューリップ賞(G2)。

『netkeiba.com』の予想オッズでも単勝1.5倍と推測されるなど、圧倒的な支持を集めることが濃厚だが、そんな2歳女王の対抗馬として期待されているのが、シェーングランツ(牝3歳、美浦・藤沢和雄厩舎)だ。

 前走の阪神ジュベナイルF(G1)ではダノンファンタジーに0.4秒差の4着。藤沢和雄調教師も「内枠でゴチャついた」と振り返っており、2枠4番が仇になった格好だ。「最後は差を詰めていた」と悔しがったものの、7枠13番からスムーズに突き抜けたダノンファンタジーとは対照的なレースになってしまった。

 ただ、そんな藤沢調教師以上に悔しがっていたのが、主戦の武豊騎手だ。

「残念です。結果的に外枠の方が良かったかもしれません。外に出したかったですね。直線にはエンジンをかけて向きたかったです。そこが残念です」と、珍しく「残念」を連呼……。

 最後は「ただ馬は本当に良くなっています。来年が楽しみです」と前を向いている姿が印象的だった。

 あれから約3か月。今回のチューリップ賞ではシェーングランツが5枠6番の好枠に入り、ダノンファンタジーは1枠1番と”立場”は逆転。桜花賞(G1)に向けた前哨戦とはいえ、武豊騎手に気合が入っていることは、その「姿勢」を見れば明らかだ。

武豊「やる気なし」シェーングランツにガックリ!? チューリップ賞(G2)屈辱の”独走”に終わった最終追い切りの裏にある2年前の「大失態」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!