NEW

JRA「4億馬券」演出スマートオーディン「高松宮記念(G1)回避」にガッカリ……「劇薬」初1400mで豪脚復活もマイル再挑戦は”迷走”の始まり?

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA「4億馬券」演出スマートオーディン「高松宮記念(G1)回避」にガッカリ......「劇薬」初1400mで豪脚復活もマイル再挑戦は迷走の始まり?の画像1

「豪脚復活」は”幻”となってしまうのだろうか……。

 先週の阪急杯(G3)で約3年ぶりの勝利を上げ、ファンをアッと言わせたスマートオーディン(牡6歳、栗東・池江泰寿厩舎)だが、春のスプリント王決定戦・高松宮記念(G1)に出走しないことを「残念」に思っているファンは多いようだ。

 11番人気という低評価を覆し、WIN5史上最高配当4億7180万9030円の立役者の1頭となったスマートオーディン。前哨戦を制したことで、多くのファンはスプリント路線に現れた「新星」として期待したが、同馬は京王杯スプリングC(G2)から安田記念(G1)を目指すことを陣営が発表している。

「3年ぶりの勝利となった阪急杯は、かつての豪脚を彷彿とさせる、この馬らしいキレでした。上がり3ハロン33.4秒は、もちろんメンバー最速。2位に0.7秒差をつける圧倒的な末脚で、インパクトも十分だっただけに高松宮記念に行かないのは残念ですね。

昨年の統一スプリント王ファインニードルが引退したことで、今のスプリント路線は混戦模様。それだけにスマートオーディンにも大きなチャンスがあると思っていたんですが……」(競馬記者)

 そう”ボヤいて”いるのは記者だけではないようだ。スマートオーディンによるスプリント界進出を期待したネット上のファンからも「高松宮記念に行かないのか……」「G1制覇のチャンスなのに」「マイル(安田記念)ってどうなの?」など、せっかくの復活劇に水を差されたような声が散見されている。

JRA「4億馬券」演出スマートオーディン「高松宮記念(G1)回避」にガッカリ……「劇薬」初1400mで豪脚復活もマイル再挑戦は”迷走”の始まり?のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!