NEW

2019ドバイは「C.ルメールVSJ.モレイラ」! アーモンドアイVSディアドラ、レイデオロVSスワーヴリチャード!

2019ドバイは「C.ルメールVSJ.モレイラ」! アーモンドアイVSディアドラ、レイデオロVSスワーヴリチャード!の画像1

 日本時間3月30日(土)に、アラブ首長国連邦ドバイのメイダン競馬場で行われる「ドバイワールドカップデー」。今年も、昨年の年度代表馬にして4冠馬アーモンドアイら多くの日本馬が挑戦する。

 有力馬が集結することもあり、日本での注目度もうなぎのぼりだが、今年は馬だけではなくその鞍上にも熱視線が向けられることになりそうだ。昨年、日本で大活躍をしたJ.モレイラ騎手が日本馬に騎乗することがわかった。

 モレイラ騎手は、ドバイシーマクラシック(G1・芝2410メートル)に出走するスワーヴリチャード、ドバイワールドカップ(G1・ダート2000メートル)に出走予定のケイティブレイブ、さらにドバイターフ(G1・芝1800メートル)のディアドラにも騎乗を予定している。

「モレイラ騎手は昨夏からの短期免許で217回騎乗して76勝。勝率35%、3着内率61.3%という凄まじい数字を残して、モレイラ旋風を巻き起こしました。

 今回、モレイラ騎手はドバイの地で3頭の日本馬に騎乗予定。この3頭への騎乗経験はありませんが、昨年、日本ではテン乗りだろうともおかまいなしに目覚ましい結果を出しています。期待していいはずです」(競馬誌ライター)

 一時は「世界No.1」とも称された騎手を鞍上に配することに成功した3頭の陣営は、今頃したり顔をしているのではないだろうか。そして、モレイラ騎手が参戦するとあって、あの騎手の闘志も燃え上がっているはずだ。

2019ドバイは「C.ルメールVSJ.モレイラ」! アーモンドアイVSディアドラ、レイデオロVSスワーヴリチャード!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【オークス(G1)展望】桜花賞馬を“捨てた”川田将雅の決断…大混戦「樫の女王決定戦」は新星アートハウスVS桜花賞組!
  2. JRA C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……日本ダービー(G1)イクイノックス騎乗消滅の危機回避も、一部ファンからは「忖度」の声
  3. JRA日本ダービー(G1)「重賞勝ち」でも除外……ボーダーは史上最高レベルか。C.ルメール絶賛の「大器」が出走危機、安藤勝己氏の推奨馬は出走絶望に
  4. JRA武豊「痛かった」C.ルメール「信じられない」致命的な不利に審議も制裁もなし、ソダシ快勝の裏で被害者大量発生……あの騎手の「危険騎乗」に恨み節続々
  5. 「驚くくらい活躍する」元JRA細江純子氏の予言が現実に…藤田菜七子“待望の2勝目”も霞む、女性騎手の「エース候補」が“神騎乗”連発!
  6. JRAレイパパレ川田将雅「切望」問答無用の1着固定! デアリングタクト、ソダシ、レシステンシア「まとめて消し」で万馬券狙い【ヴィクトリアマイル(G1)予想】
  7. JRA「ウマ娘」藤田晋オーナーの快進撃に急ブレーキ!? 新人オーナーに降りかかった競馬の“洗礼”…日本ダービー(G1)参戦を見据える使い分けが招いた「2つの悲劇」とは
  8. JRA【ヴィクトリアマイル(G1)予想】デアリングタクト、ソングライン、レシステンシアはまとめて切り! 混戦模様だから拾える「人気薄の実力馬」から高配当を狙う
  9. JRAヴィクトリアマイル(G1)はソダシ、デアリングタクト、レイパパレをまとめてバッサリ! 3強が持つ弱点とは
  10. JRA日本ダービー(G1)横山典弘「騎乗停止撤回」を申し出るも却下に不満の声。息子「やってやりますよ!」に期待