NEW

金鯱賞(G2)アルアイン「最上位格」勝利必須の経歴。「中京は合う」陣営の自信も

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
金鯱賞(G2)アルアイン「最上位格」勝利必須の経歴。「中京は合う」陣営の自信もの画像1

 10日、中京競馬場で金鯱賞(G2、芝2000メートル)が行われる。G1馬5頭が出走するが、その中の1頭アルアイン(牡5歳、栗東・池江泰寿厩舎)について検討しよう。2017年の皐月賞(G1、芝2000メートル)を優勝して以来、どのレースでも好走してきたが勝ち切れなかった。しかし、ここは勝利を上げる絶好のチャンスではないのか。

 第一の理由は休み明けを苦にしないこと。昨年の始動戦は京都記念(G2、芝2200メートル)。重馬場だったため馬場適性の差でクリンチャーに負けたが、レイデオロに先着して2着を確保。秋初戦のオールカマー(G2、芝2200メートル)ではレイデオロに差されて2着だったがクビ差の僅差。金鯱賞はマイルCS(G1、芝1600メートル)以来のレースだが、休み明けでこそ狙える馬だ。

 もう1つはコース適性。中京コースは初めてだがむしろ合いそうだ。中京には下り坂もあれば登り坂もある。下り坂のあるコースは京都のマイルCSで3着だったように、対応できる。登り坂のある中山では皐月賞を勝っている。坂があるのは望むところ。中京コースは4角まで下りで、その後上りになる。このため下りを勢いよく走ってきた差し馬が小回りの4角で外にふくれてしまい、致命傷になることがある。アルアインは先行馬。内ラチを頼りに走ればふくれることはないはず。

 池江泰寿調教師は1週前追い切り後「中京の2000メートルはいいと思う」とコメントしている。このコースが前々で決着することが多いからだろう。昨年は3番手のスワーヴリチャードが勝ち、逃げたサトノノブレスが2着に残った。今年の有力馬は差し馬が多い。タニノフランケルがハイペース気味に逃げて縦長の展開を作れば、絶好の2、3番手から直線で先頭に抜け出せる。

 中京は今年すでに開催があったため、芝が傷んでいる部分もあると予想される。超高速タイムの出る馬場ではないだろう。天気予報では週中の雨マークも出ている。天皇賞・秋(G1、芝2000メートル)ではキセキの逃げに並ぶことができなかった。前に速すぎる馬がいるとつかまえられない。レイデオロにあっさり交わされたように、鋭い末脚には捕まってしまう。皐月賞レコード保持者ではあるが、現在は多少タイムのかかるタフな馬場が向いているはずだ。

金鯱賞(G2)アルアイン「最上位格」勝利必須の経歴。「中京は合う」陣営の自信ものページです。GJは、競馬、アルアイン競馬金鯱賞の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!