NEW

武豊「怖い……」金鯱賞(G2)エアウィンザー最有力も不安!? 最後まで”本気”を引き出せなかった2年前の「苦い記憶」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
武豊「怖い......」金鯱賞(G2)エアウィンザー最有力も不安!? 最後まで本気を引き出せなかった2年前の「苦い記憶」の画像1

 かつて、数多くの名馬の背中を知る武豊騎手が「メッチャいい!」と手放しで称賛した馬がいた。

 デビュー前の若駒だったエアウィンザー(牡5歳、栗東・角居厩舎)である。

 武豊騎手にとっては、主戦として秋華賞(G1)を勝った母エアメサイアの息子。兄エアスピネルの主戦も務め重賞3勝を上げたものの、G1ではあと一歩手が届いていなかっただけに、その弟に懸ける期待もひとしおだったに違いない。

 当時のエアウィンザーは育成の段階から「兄以上」と評判を集めており、追い切りに跨った武豊騎手も「見た目は違うけど、乗り味は似ている。心臓が強い」と絶賛。角居勝彦厩舎のスタッフには「完璧」とさえ伝えていたという。

 しかし、単勝1.3倍に推されたデビュー戦で2着に敗れると歯車が狂った。

 次戦で未勝利こそ脱出したものの、クラシック出走を懸けた共同通信杯(G3)で6着に完敗……。前の馬を抜かそうとしない気性面の問題も発覚し、武豊騎手とエアウィンザーの”夢”は、わずか4戦で潰えた。

武豊「怖い……」金鯱賞(G2)エアウィンザー最有力も不安!? 最後まで”本気”を引き出せなかった2年前の「苦い記憶」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!