NEW

JRA大阪杯(G1)サングレーザー「鞍上」に賛否!? 「穴開けジョッキー」F.ミナリクの”スタイル”とかみ合わず?

【この記事のキーワード】, ,
JRA大阪杯(G1)サングレーザー「鞍上」に賛否!? 「穴開けジョッキー」F.ミナリクのスタイルとかみ合わず?の画像1

 昨年の天皇賞・秋(G1)で2着と好走したサングレーザー(牡5 栗東・浅見秀一厩舎)が、31日の大阪杯(G1)でF.ミナリクと新コンビを組むことが、G1レーシング公式HPで発表された。

 一昨年のスワンS、昨年のマイラーズC、札幌記念とすでに3つのG2を制しているサングレーザー。現役屈指のマイル・中距離ランナーとして、G1では勝利こそないものの、海外を含め6着以下になったことがない安定感がウリだ。

 4歳以降は主に中団~やや後方のレーススタイルを確立。インでも外でも抜け出してくる器用さと末脚の安定性で上位に食い込んできた。マカヒキ、モズカッチャンが外から突っ込んできたのを、インコースのレースで差し切った札幌記念は同馬のベストレースといえる。

 そんなサングレーザーが春の始動戦かつ大きな目標としたのが中距離王決定戦の大阪杯。今年は例年以上の好メンバーになることが予想されるが、サングレーザーならまた馬券に食い込んでもおかしくはないだろう。

 ただ、今回の鞍上発表には、疑問の声もある。

「昨年から短期免許で来日し、2年目のミナリク騎手ですが、昨年は9勝、今年は3月7日現在で10勝と、そこまで目立ちはしませんが着実に勝利を上げています。馬質を考えれば昨年に引き続きの『大健闘』といえるでしょう。ドイツリーディング上位の手腕は伊達ではありません。

ただ、重賞では現状、2年続けて『出番なし』が続いています。馬券に絡んだのは昨年の共同通信杯3着(エイムアンドエンド)が唯一で、他では一度も馬券に絡んでいません。現状のミナリク騎手のイメージは『平場でおいしい騎手』であり、重賞での信頼はありません。それもまた、馬質によるところもあるでしょうが、サングレーザーはこれまでの騎乗馬の中ではレベルが2ランク上といえるかもしれません。チャンスには間違いないです。

JRA大阪杯(G1)サングレーザー「鞍上」に賛否!? 「穴開けジョッキー」F.ミナリクの”スタイル”とかみ合わず?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 3年間「未勝利馬」が武豊に替わって7馬身差圧勝…かつての関西ホープ騎手に突き付けられた「厳しい現実」
  2. JRA“イジメ”のような神展開に霜降り明星・粗品ブチ切れ確実!? これぞ「逆神」たる所以か…狙い通りの単騎逃げ成功も、まさかの1、2番人気強襲で撃沈
  3. 「ルールですので仕方ありませんが……」現役JRA騎手も警鐘を鳴らす現行ルールの欠陥!? 陣営も頭を悩ます「除外ラッシュ」の真相
  4. JRA【根岸S(G3)展望】「12戦0勝」武豊、連勝中ヘリオスで初制覇の大チャンスも…「6連勝中」の超新星クロパラントゥは除外が濃厚
  5. JRA【AJCC(G2)予想】川田将雅×ポタジェは即消し! C.ルメールに「不安あり」なら「あの穴馬」が絶好の狙い目!
  6. JRA川田将雅「ロケットスタート」でもシルバーコレクター濃厚!? 4度目の正直に立ちはだかる天敵のモデルチェンジ
  7. JRA 「相手が悪かったかな」武豊も脱帽した怪物ダート馬がまたも登場!? 馬主は「2週連続」大物引き当てる強運の持ち主
  8. JRA「またも」落馬事故で横山武史が病院搬送……藤田菜七子、戸崎圭太、三浦皇成ら関東スター騎手の相次ぐ“悲劇”にファンも心配
  9. JRA「まるで別人」C.ルメールまさかの重賞13連敗……大本命オーソクレース6着惨敗で、2022年重賞「馬券圏内ゼロ」行進
  10. JRA イクイノックスVSジオグリフは実現せず!? 豪華絢爛の木村哲也厩舎が抱える深刻な“C.ルメール依存症”…解決策はいつものアレ?