NEW

JRA「降着」森裕太朗騎手「9日間」騎乗停止に「厳しすぎる」の声? 先週「大惨事」C.ルメール騎手と「同じ」に違和感とルールの「矛盾」

【この記事のキーワード】, , ,
JRA「降着」森裕太朗騎手「9日間」騎乗停止に「厳しすぎる」の声? 先週「大惨事」C.ルメール騎手と「同じ」に違和感とルールの「矛盾」の画像1

 9日、中京競馬場で行われた3歳未勝利戦の出来事だ。

 2着入線したダイリュウボーラーが最後の直線で外側に斜行。3着入線トーホウフレーテの走行を妨害し、審議の結果3着降着となった。なお、ダイリュウボーラーに騎乗していた森裕太朗騎手には、JRAによって3月16日(土)から3月24日(日)まで9日間(競馬開催4日間)の騎乗停止処分が課せられた。

 たが、この処分が「厳しすぎるのでは」と話題になっている。

 15頭立てで行われたダート1200m。最後の直線、残り200mを切ったところで先頭に立った森騎手のダイリュウボーラー。そこに鮫島克駿騎手のトーホウフレーテが競り掛けて叩き合いに。さらに、その外から豪快にメイショウフクイクが先頭争いをする2頭を差し切ろうとした際、”アクシデント”が起きた。

 森裕騎手の左ムチを受けたダイリュウボーラーが外側へ斜行すると、トーホウフレーテと接触。ちょうど外からメイショウフクイクが差してきたところだったので、トーホウフレーテは2頭に挟まれる形に。鞍上の鮫島騎手は大きくバランスを崩し、落馬こそ避けられたものの、まともに追えずにゴール板を通過した。

 レースは2頭を差し切ったメイショウフクイクが優勝したが、審議のランプが点灯。その結果、斜行した2着入線のダイリュウボーラーが3着降着となり、被害を受けた3着入線のトーホウフレーテが2着に繰り上がり。なお、2頭の着差は「ハナ差」だった。

JRA「降着」森裕太朗騎手「9日間」騎乗停止に「厳しすぎる」の声? 先週「大惨事」C.ルメール騎手と「同じ」に違和感とルールの「矛盾」のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  4. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  5. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  6. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  7. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  8. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!
  9. JRA【CBC賞(G3)予想】今村聖奈テイエムスパーダ&アネゴハダの3歳牝馬は用なし!データから買える穴馬指名で、荒れ続きのハンデ重賞を制する!
  10. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール