NEW

スプリングS(G2)武豊ファンタジストはステルヴィオになれるのか? 龍王ロードカナロア産駒1800m克服の「武器」と、レジェンドの「見解」

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スプリングS(G2)武豊ファンタジストはステルヴィオになれるのか? 龍王ロードカナロア産駒1800m克服の「武器」と、レジェンドの「見解」の画像1

 17日に中山競馬場で開催されるスプリングS(G2)。皐月賞トライアルである通り、出走メンバーの多くがクラシック挑戦を睨んでいるが、有力馬の一角ファンタジスト(牡3歳、栗東・梅田智之厩舎)にとっては、今後の「方針」を決める試金石になりそうだ。

 ここまで4戦3勝。重賞2勝はメンバーでも断トツの実績だが、勝ったのは1400mの京王杯2歳S(G2)と、1200mの小倉2歳S(G3)。世代トップクラスのスプリント能力があることは間違いないが、その分、1800mのスプリングSへの対応には不安が残る。

 昨年の年度代表馬アーモンドアイを筆頭に距離をこなす超一流馬がいる一方、来週の高松宮記念(G1)で有力視されているダノンスマッシュなど、「らしい」産駒も多いロードカナロア。

 ファンタジストも「龍王」と恐れられたアジア最強スプリンターの父を彷彿とさせるようなスピードを秘めているが、その一方で同じ父を持つステルヴィオは、昨年のスプリングSの覇者だ。本馬も先輩に続くことができるだろうか。

 初の1600m挑戦となった前走の朝日杯フューチュリティS(G1)は4着と、キャリア初の敗北を喫したファンタジスト。

 だが2歳王者決定戦だけにメンバーが強かったことはもちろん、レース後、主戦の武豊騎手が「1600mまではこなせますし、問題ありません。最後まで伸びています」と語った通り、上がり3ハロンは勝ったアドマイヤマーズと同じ2位タイと、収穫の多い一戦だった。

 今回のスプリングSは朝日杯FSで2着したクリノガウディーこそいるものの、メンバーレベルは前走よりも低下。そうなると、やはり最大のテーマは「1800mの対応」ということになるが、1週前追い切りに騎乗した武豊騎手が『デイリースポーツ』の取材にコメントを残している。

スプリングS(G2)武豊ファンタジストはステルヴィオになれるのか? 龍王ロードカナロア産駒1800m克服の「武器」と、レジェンドの「見解」のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!