NEW

JRA金鯱賞「G1昇格」に現実味!? ダノンプレミアムら超豪華メンバー共演、わずか7年で「売上330%」に大ジャンプ!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 +48.3%の大幅アップがあった2017年の翌年、スワーヴリチャードVSサトノダイヤモンドで注目された2018年は53億4869万円と、さらに+46.4%を上乗せ。そして、ダノンプレミアムを筆頭にG1馬5頭が集った今年は、さらに+19.6%伸びて63億9730万3500円と、2012年からわずか7年で約3.3倍の売り上げを記録している。

◆金鯱賞(G2)売り上げ推移
2012 19億8043万6900円 
2013 20億3525万2700円 +2.8%
2014 23億9301万1500円 +17.6%
2015 25億4591万7900円 +6.4%
2016 24億6279万7700円 -3.3%
2017 36億5328万6200円 +48.3%
2018 53億4869万0000円 +46.4%
2019 63億9730万3500円 +19.6%

「今年も豪華なメンバーで大いに盛り上がりましたが、番組を編成するJRAとしても移設は大成功ではないでしょうか。

3月に移動したことで大阪杯だけでなく、ドバイシーマクラシック(G1)やドバイターフ(G1)などのドバイ組、5月の香港遠征組などの前哨戦として利用されるようになったことが、好メンバーの大きな要因だと思います。

特に、ここ2年は重要度が増して『G1並み』といわれるメンバー。この盛り上がり方はG1に昇格を果たす直前の大阪杯に少し似ていますね。このままいけば『賞金増額』だけでなく、施行条件や開催時期などの問題をクリアすれば『G1昇格』の話も出てくるかもしれませんよ」(同)

 2017年にG1昇格を果たした大阪杯だが、その要因となった「G2時代」も毎年のように天皇賞・春や宝塚記念、香港遠征などを睨んだ強豪が集結。G2としては異例の盛り上がりを見せていた。

 ちなみにG1昇格を果たす直前、2016年の大阪杯の売り上げは69億462万5400円。今年の金鯱賞は63億9730万3500円と、あくまで売り上げや注目度という点では、G1昇格の"領域"に手が届きかかっている。

 今や高松宮記念(G1)やチャンピオンズC(G1)に次ぐ、中京の看板として定着した感のある金鯱賞。果たして1965年の創設から紆余曲折を繰り返してきた名物レースが、今後どういった「進化」を遂げるのか楽しみだ。

JRA金鯱賞「G1昇格」に現実味!? ダノンプレミアムら超豪華メンバー共演、わずか7年で「売上330%」に大ジャンプ!のページです。GJは、競馬、JRAダノンプレミアム金鯱賞の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!